torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ファブリックセール@Textile Museum of Canada


IMG_1157.jpg情報通のAさんに教えてもらったTextile Museumで年に1度2日間だけ開催されるファブリックのセールに行って来ました。

“セールがあるよ”と電話を受けたのが金曜夜。セール開催日は28日金曜と29日土曜の13時までと!土曜は午前中に予定があったので、終わり次第駆けつけ12時過ぎに到着。ぎりぎり間に合った!!

Textile Museumの前にワゴンセールのように生地やら小物が山積み、心躍ります。IMG_1156.jpg  











お値段も素晴らしく、小さいものは1束1ドルから。クッションが作れる位のサイズでも3ドルぐらいで破格。
どれも店頭価格15ドル/ヤードぐらいしそうな凝ったものばかり。

聞くと、サンプルやデザイナーが寄付したものだとか。

カーテンの既製品コーナーも。(多少難あり)
IMG_1154.jpg 

ラストミニッツまで粘って、これだけの戦利品!合計16ドル也。並べてみると色や柄が偏ってるわ 苦笑。
クッションカバーでもつくろうかしらん~。・・あ。ミシンがない。。
IMG_1159.jpg 

*建物の中のミュージアムショップでもセールを開催しているようです。


スポンサーサイト



2010⁄05⁄31 09:51 カテゴリー:event comment(2)
▲pagetop








オムツ☆ジーンズ


以前Huggiesにサインアップしたら、チビタが産まれてからクーポンブックが届くように。カナダでオムツは高いので、ちょこちょこっと節約節約。
今回の号、とても印象的だったのでご紹介。

表紙には “oh he did , you are on the go...and he just did. Again.” ←真理!何で出かける時に限って粗相するんでしょう!

IMG_4215.jpg 

中を開けると・・

IMG_4214.jpg 

ハギーズジーンズ祝デビュー!・・・。欲しいような欲しくないような。
写真を撮りたいためだけには欲しいかな。






2010⁄05⁄28 19:10 カテゴリー:mom&baby comment(6)
▲pagetop








Farm廻り@Hamilton


3連休最終日も快晴なり。

かねてから子供が出来たら行ってみようと心に決めていたファームへ。
果物狩りや野菜狩りのシーズンは7月からがほとんどで、まだまだ空いているところは少ないけれど、まずはこの時期が旬のアスパラガスとルバーブが取れるAndrews Scenic Acresへ。ルバーブはカナダではまった食材で、赤いセロリのような見た目ですが、ジャムにすると甘酸っぱくて美味。毎年作ってます。100524_007.jpg

ファームの購買所ではちみつやらパイやらを数点とみずみずしいアスパラ、お目当てのルバーブを購入。

なんともの~~んびりとした雰囲気。トロントの1/10、東京の1/20くらいのスピードで時間が流れています。

名前にScenicとつくだけあり、Niagara escarpmentが望めるナイスビュー。

 

100524_013.jpg 赤ちゃん用のブランコを発見し、チビタをのせてみる。最初は楽しそうだけれど、みるみる顔が曇りはじめたので撤収 笑。ミニミニ動物ふれあい広場もありました。



















お次は以前あっきーさんのブログにあったSpringridge farm。こちらのほうが商業的で、エンターテイメント要素が強いファーム。
100524_045.jpg 
ファームの購買所というより、セレクトショップといったほうがいいようなジャムやらシーズニングの品揃え。工芸品コーナーもありました。

お目当ては、ワゴンライド!
20分ほどワゴンにのって、ファームを回ります。

途中、パパと2人で乗っていた子(2歳くらい?)が“ママー、ママー”と泣き出し途中下車する可愛らしいハプニングも。100524_072.jpg







ミニ動物園やヘイのジャングルジムがあったりと、小さい子にはたまらないだろな。
100524_058.jpg 









カナダらしい休日の過ごし方でした。















2010⁄05⁄25 10:14 カテゴリー:short trip comment(6)
▲pagetop








強行!ムースに会いに・・アルゴンキンへ


今週末は3連休でした。

・・・といっても3連休と知ったのは土曜日になってから。月曜休みだよね??と何度聞いても曖昧な返事だった夫。いつも休みを把握できず、せっかくの連休を逃してしまう事しばしば。

中日の日曜日、朝10時半すぎ。ふっと夫、“今からアルゴンキンにいこう!・・・・日帰りで。” 久々に出ました、我家の行き当たりばったり強行スケの旅!往復600キロですから。(しかもチビ連れて・・) 念のためチビタの着替えだけもって、それでも30分後には出発進行。

道はすいすいと空いていて途中お昼をゆっくり食べても3時頃にはアルゴンキン着。ちょうどゲートの少し手前で停車中の車あり。ムースの第一発見者になるのは大変なので他力本願で 笑。
メスのムース!!初めての生ムースに大興奮!ゲートの手前で出会えるなんてなんてラッキー。
 100523_026.jpg

アルゴンキンパークのゲートで入場料として1台15ドル払います。
100523_029.jpg 

そして、野望は大きく角のあるオスのムースを狙います。
100523_075.jpgしばらく走る事ゲートから約40キロ地点が渋滞中。。よってみると・・・!!!!
 
念願のオス!大きい!食事中らしく、どんなにギャラリーがいてもそ知らぬふりでむしゃむしゃ。100523_058.jpg









ひょひょっと近くまで回りこんだ夫のグッジョブのおかげでとてもいい写真が取れました。

角がまだ短いので若いのかな?それでもメスに比べてその大きさたるや!
アルゴンキンのパーク情報誌に『5月6月の朝は、ムースが見られる事を(almost) 保障します』と強気に書いてあるだけはあるっ。



  




100523_083.jpg
 
100523_081.jpg

イーストゲートから43キロ地点にある“ムース目撃情報掲示板”にも多数の目撃情報が記入されていました。100523_088.jpg
思わず私も書き込み・・。

帰路、ゲートを出てすぐにも遠目にまたメスが! たった2時間半のパーク滞在で日中だったにも関わらず3頭のムースを見られ大満足で帰路に。


100523_097.jpg

















帰宅したのは夜10時。チビタもラスト1時間を除けば始終いい子にしてました。
これを機にロングドライブ解禁なるか!

*他のブロガーさんが書いていたように、この時期虫がすごい。虫除けをした手足は免れたけれど、気づいたらおでこから出血、しかも2箇所も。2日目にして少し腫れてきた。。何に刺されたんでしょうか。。。










2010⁄05⁄24 22:12 カテゴリー:short trip comment(10)
▲pagetop








ピクニック@ トロントアイランド


100519_010.jpg 先週末のことですが、この夏初のトロントアイランドに。チビタ上陸、秋以来で2度目です。

ここのところ、さわやかな晴天続きで、こんな日はトロント最高!!って思う。(冬と夏のギャップありすぎですからっ)

週末もいいお天気で、お昼の便のフェリーに乗ってトロントアイランドに。冬の間はクローズだったCenter Island行きも既にオープン。サイクリングや、ピクニックをするグループで船内賑やか。

100519_016.jpg 



LA在住の姉はオンタリオ湖を偽者の海呼ばわりするけれど、夏は捨てたもんじゃないですよー。この季節はまだゴミも少なくてピークシーズンより綺麗かな。

ぷらぷらと散歩してベンチで持参したサンドイッチでランチ。外で食べると3割り増しに美味しい。

すると、偶然にも友達に大勢遭遇。みなさんでピクニック中でした。、天気がいいと考える事が同じです 笑。この日はハイウェイが終日クローズしてたし、遠くより近く!!

アイランドからのトロントダウンタウンが一番絵になる景色だと思う。ちょっとNYみたい?

100519_074.jpg 

アイランドのミニミニ遊園も大盛況。シーズンパスが1人55ドル、チビタが2歳位だったら絶対買ってるだろうな。ちびっ子にはきっとたまらんっ。

しばし遊んで帰路に着きました。大人2人+チビタ、さんさんの太陽の下であそんでしばしぐったり・・。。







2010⁄05⁄20 14:18 カテゴリー:toronto comment(6)
▲pagetop








久々のアンティーキング@Queensville


さわやか~な晴天のドライブ日和。

あっきーさんnon_caさんとトロントから高速で約1時間、北上したところにあるQueensville Anteique Mallに。ここを訪れるのは本当に久しぶり。ハイウェイ404の最終までドライブドライブ。のどか~な牧場の風景が広がいます。こんなところの牛さんたちはきっと幸せに違いない・・。

今回の目的は・・・“何か素敵な出会い”=“特に決めてない”です。

あっきーさんはアメリカンアンティークのコレクター。non_caさんはアンティーキングは初心者ながら並外れた審美眼の持ち主。
お2人に大いに影響されるとします。

最初の1周目はまだ目が慣れていず、全てガラクタにしかみえず。。本番2週目。ようやく目が慣れてきて、まず目に付いたのがコレクタブルではないけれど、Villeroy Bochの小皿、チビタの離乳食用に。
あっきーさんに講義を受けつつ、思わず手に取ったのが、いわずと知れたFirekingのオーブンウェア。
IMG_1140.jpg 

そして、non_caさんが手に取っていたファーのショールが素敵!・・何時着るのか・・本当に必要なのか・・との迷いは、その破格のお値段に打ち消され、non_caさんが迷っていた2着のうち、戻した方を思わず購入。1人だったら絶対に手に取らなかったな。
IMG_1142.jpg 
あっという間に2時間経過~。楽しいアンティーキングでした。

帰宅後、早速チビタにかぼちゃのリゾットを買ってきたお皿に。取っ手がついているので、混ぜやすくていい!最近ようやく、ようやIMG_1143.jpgく離乳食を食べてくれるように。2ヶ月以上のトライアルが必要でした。。とほほ。ペーストやマッシュしたものよりも、すこし形があるほうが食べやすそう。うどんと素麺を愛する大の麺好き、これは両親の遺伝ですな。 そしてバナナも欠かす事ができません。
 








2010⁄05⁄19 18:48 カテゴリー:short trip comment(8)
▲pagetop








LA日帰り旅行@Antelope Valley California Poppy Reserve


日曜日、姉の家から北東に約2時間のところにあるPoppy Reserveに。

砂漠の中のハイウェイを延々とドライブ、ほとんど景色が変わらず。。目的地のExitを降りても、ガソリンスタンドが一つあるのみのさみし~い町並み。さらにローカルの道をドライブすると、進行方向にオレンジの丘が!遠目からも砂漠の中に、突如と広がるポピーの花畑が一目瞭然で心躍ります♪100509_251.jpg

道すがらも花畑が見えますが、せっかくここまできたんだからとパーキング代をはらってPoppy Reserveのトレイルを散策。・・その前に腹ごしらえ。周りに食べるところは何もないとの姉情報により、サンドイッチを買ってきておいて良かった。でないと美味しそうにランチボックスを囲むグループを恨めしそうに見なければいけないところでした。

100509_261.jpg 





















今年は当たり年だそうで、一面のオレンジ色に圧倒。天気もよく、トレイル日和也。
花畑の中に入りたい気持ちもありますが、そこはぐっと我慢。保護地区なので入って荒らしてはいけません。一度踏み荒らされると、何年も花が咲かなくなるそう。

そしてまたやってしまった日焼け。陽射しをさえぎるものは何もありません、帽子を持参すべきでした~。
100509_310.jpg
100509_300.jpg 



チビタはここでもポピーむしゃに挑戦?いえいえ、ポピーってケシの花だからやめましょう・・。
100509_269.jpg





2010⁄05⁄15 23:10 カテゴリー:travel comment(4)
▲pagetop








LA日帰り旅行@Santa barbara


週末、義兄の運転でLAから北にハイウェイでおよそ2時間のSanta barbaraに。スペインによるアメリカ大陸殖民時代から続く、ス100509_160.jpgペイン風の建物が並ぶ可愛らしい街。

ビーチ沿いを散歩。桟橋を歩くと、なにやら海にぷかぷかとぬるっとした黒いものが浮かんでいるなと目を凝らすと、なんとアザラシがお出迎え。ぴょこぴょこと顔が水面からでてきて、かわいいこと! 

 








このあたりではポピュラーというペリカンも。飛行中のペリカンって、なんか空飛ぶ恐竜みたいで、ちょっと恐ろしげ。(写真あまりにわかりにくいですね。。) 100509_173.jpg
夫に、空飛ぶ恐竜って名前なんだっけと聞いたら、即答“プテラノドン”と。おお、手旗信号のやり方も知っていたし、さすが雑学王!と思ったら、以前プテラノドンに似ているといわれた事があって調べたそう。。ってどんな顔だ。
 










建物は白壁とオレンジの瓦屋根で統一、青い海と空に映えます。
このあたりで一番高い建物、裁判所に登ってみると、海まで一望の眺め。

100509_192.jpg 

100509_180.jpg
100509_211.jpg
ヨーロッパを彷彿させながら、LAならではの椰子の木の並木やサボテンの鉢植えがあったりと、散策するのに楽しい町並みでした。












 




 





2010⁄05⁄14 18:03 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








LAといえば、ビーチビーチビーチ!


LAといえばビーチ。にせものの海(←と姉がいう。。)オンタリオ湖ではなく、白い波と青い空のコントラストが眩しいビーチへ毎日のように繰り出しました。さすがに入るには寒いので、ビーチ沿いをお散歩。
Torranceから程近いRedondo Beachはのんびりした雰囲気のファミリー向け。100509_327.jpg
てくてくビーチ沿いを1時間ほど散歩すると、足の甲がサンダル焼け・・。顔や腕は日焼け止めをぬって万全のつもりでも、いつも忘れる足の甲。またやってしまった。チビタにも忘れず日焼け止めを塗ったつもりが、手の甲が日焼け。。LAの陽射し、恐るべしです。今年も黒肌決定です。って、北米生活以来、白かった例がないけれど・・。

少し離れた街、Palos VerdesはLA屈指の高級住宅街。何故かここだけ緑が豊かで花が咲き乱れてます。“何故かなー?”と姉に聞いたら、一言“お金があるから”だそうな 苦笑。
100509_103.jpg 













最近オープンしたというホテル内を散策。ホテルの中にトレイルがある巨大リゾートホテル。テラスにてパチリ。
100509_122.jpg 
Palos Verdesの大好きな場所、ガラスの教会ことWayfers Chapelにも。海に面した小高い丘に立つこの教会、何度訪れても素敵です。
100509_137.jpg
今回お初に連れて行ってもらったManhattan Beachは小洒落たお店の立ち並ぶエリア。
NBA LA Lakersの選手が多く住むというのも納得です。
100509_395.jpg
Lakersといえば、滞在中に義兄が偶然会社帰りに立ち寄ったBest BuyでLakersの選手に遭遇!付回していたら(?)一緒に写真をとってくれたそう!さすがに2メートル以上の長身で、義兄が子供に見えました^^。なにより義兄のうれしそうな顔といったら!こんなウレシイサプライズがあるのもLAならでは。(少し前には元MLBの選手と一緒にゴルフを回ったそう。)

チビタは・・といえば、草むしゃむしゃならぬ、砂むしゃむしゃ寸前でセーフ!一時も目が離せなくなってきました。

100509_484.jpg 



 
 








2010⁄05⁄13 14:11 カテゴリー:travel comment(7)
▲pagetop








LAといえば、日本食!


トロントから往路5時間半、復路4時間半のフライトで行かれるLAは日本よりはるかに近い日本。
昨年、LAダウンタウンより北に約30分の街(日本人はほとんどいない)から日本人駐在員&日系人の多く住むTorranceに越した姉夫婦。ミツワもマルカイもすぐ近くにあって、日本食レストランも数多くあってほんとうに便利。手に入らないものはない!といっても過言ではないほど。
日本のものに飢えているトロント住人からすると、うらやましい限りだけれど、姉いわく“便利だけど、多文化でなくてつまらない・・”とな。トロントは“不便だけれど、マルチカルチャーでおもしろい”ので、お互いないものねだりです。。

さて、今回の旅でも食べました食べました、リアル日本食。到着したその日に、ミツワの三頭火でラーメン。本物の(←ここポイント!)ラーメンに舌鼓。100509_097.jpg
お蕎麦屋さんにも通いました。思い出しただけでも美味しいお蕎麦と熱々のてんぷらに涎が・・笑。
LAで人生お初のモツなべうどんも頂きました。苦手意識のあったモツがとろとろでこんなに美味とは!100509_372.jpg

チビタがいるので夜の外食は1回のみ、どこがいい?と聞かれ即答したのが焼き鳥屋さん。5年以上ぶり。砂肝に手羽にレバーに・・・・とあっという間にお腹一杯。ビールも美味しかったこと!

100509_451.jpg 
今回の旅は、私とチビタの2人でフライト。チケットを予約する際、チビタ用の席を取るかどうか悩み、えいやっと1人分の席しか予約しませんでした。往復とも、割と混んでいたにも関わらず、ラッキーな事に3席使用可!2席をつかってチビタは大の字ですやすや、私は大好きな映画を鑑賞。快適なフライトでした。








2010⁄05⁄12 21:33 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








初節句


4月26日より約2週間、姉の住むLAに行って来ました。昨年2月、妊娠初期以来の6度目の訪問。当時はチビタはまだおなかの中で、思えばあれがラストの一人旅だったなぁ。。

LA旅行の前日、池端ナーサリーの特設写真スタジオにてチビタの初節句の写真を撮ってきました。予約をするのが遅れ、気づいたときには満員御礼で残念・・と思っていたら1スポットのキャンセル枠がでたとのことで、値段は度外視してとりあえず予約。我家のスポンサーには後報告となりました 苦笑。だって、初節句ですものっ!!

予約した月齢6ヶ月後半時にはまだ一人でお座りが出来ず、どうなることかとも思いましたが、撮影日2週間前に突如座りだし、撮影日にはしっかりと座れるように。成長がのんびり~な子ですが、やるときゃやるもんだ。

池端ナーサリーに到着すると前のご家族が写真撮影中。・・?なんだか聞き覚えのある声だなとおもっていたら偶然にもあっきーさんご家族でした!ケイくんハーくん、立派ないでたちで撮影中。カメラ目線もばっちりです。
その間チビタは・・目移りするほど沢山あるおもちゃでご機嫌に遊んでいました。100509_039.jpg ・・が、着替えのため、わらわらと人が集まってくると不安そうな顔になり、ぎゃーとひと泣き。先が思いやられます。

まずは家族3人で撮影。緊張ぎみのチビタ、表情が硬い。カメラマンさんがあの手この手を使って笑わそうとしてくれます。
最後の最後で、カメラマンさんの発した“ぼぅっ”という擬音に何故か大爆笑、その後はすごーくいい笑顔で!やったーやったー。

この笑顔が撮れただけでも大枚はたいた甲斐がありました!!

100425_030.jpg 
あっきーさんの昨年のブログによると、お着物は去年ハーくんが着ていたものですね。水色で可愛らしい。

5月5日の当日は、LAだったので姉宅で初節句のお祝いをしてもらいました。折り紙の兜ではしゃぐチビタ。
100509_418.jpg 
その傍らで、豪華な散らし寿司とミツワの源吉兆庵で購入した柏餅にはしゃぐ母。ご馳走様でした!
100509_426.jpg 100509_427.jpg















2010⁄05⁄10 11:26 カテゴリー:mom&baby comment(10)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2010 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。