torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ようやく解決・・


11月15日に記したCanadian Tire苦情の件、ようやく解決しました、もう一悶着後に・・。

担当者より電話があり、ホイールが1週間はやく入荷したので車をもってきてくれれば付けられるのとこと。ただし、電話口でもぞもぞ何かをいっている。。ハテナ?
ちょうど日曜日だったこともあり夫と2人で出向いてみると、ホイール入荷待ちでタイヤをキープしていたはずが、それを別のスタッフが売ってしまったと。。もうあきれるしかなく苦笑い。かわりにちょっといいグレードの同サイズのあるのでそれをつますとな。別料金なしで。あたりまえです。
そんな訳で、ようやくウィンタータイヤゲットしました!探し始めて1ヵ月以上かかったわ。これでスノーストームいつでもこいっ!

ただクレームレターには未だ返事こず・・。




スポンサーサイト



2008⁄11⁄30 15:18 カテゴリー:etc. comment(2)
▲pagetop








タイレストラン Pi-Tom's


トロントのタイ料理って妙に北米アレンジされてて、辛くなくてものたりん~のが多い中、辛い物大好きな私が満足できるタイレストラン発見!momo家と一緒に行って来ました。

Yonge St.からすぐのPi-Tom's Thai restaurant。7Daysオープンで土日も昼からやってるのも嬉しい。ランチスペシャルから私はスープと春巻き&パッタイのセットを。パッタイもどこかのケチャップまみれのとは違い美味。何よりもセットのパンプキンのスープ!タイ料理でパンプキン?ともおもったけれど、一口食べて納得。ピリ辛のタイ風ポタージュで、うまっ!夫のオーダーしたチキンカレーもきちんと辛くて美味しい。星型にかたどったライスにmomo家娘さんが反応。ソレ食べたい~!って。ただの白いご飯なんだけどね 笑。

最近レストランを探すのに利用するCHOWHOUNDで検索したんだけれど、日系情報サイトBitsに載ってた・・。夏のパティオも気持よさそうです。







2008⁄11⁄29 21:00 カテゴリー:restaurant comment(2)
▲pagetop








乾燥乗りきりグッツ


トロントの冬、どこに行っても家に帰ってきても暖房フル回転で超乾燥。2リットル近く入る加湿器だって半日持たないし・・。

もともと乾燥肌の私は、クリームなんかじゃおいつかん!IMG_0475_1.jpg お手ごろ価格で保湿効果の高いものを捜し求めた結果、スキンケアはオイル三昧に。どこでも手に入るdesert essenceのjojoba oilはとってもお勧め。髪にも体にも何でも使える。洗顔後ちょっぴりつけて、化粧水をパシャパシャすると何故か浸透がよくなるから不思議。北米の家庭には1個ある?と思われるTee tree oilも切り傷・にきびなどに。

そしてオーストラリアのアボリジニー秘薬といわれるemu oil。グリークタウンのオーガニックスーパーThe big carrotにて購入。あのダチョウ科のエミューから取れるというコレ、人の皮脂に成分がとても近いらしく、べたべたしないのが○、お値段も30㌦しなくて◎。

そして万能選手といえば、ベーキングソーダ!掃除や洗濯に使っていたけれど、お風呂に入れてみたらすごく良い!即席温泉!汗が沢山出て湯冷めしない。何でも使える魔法のお粉~LOVE。

 

 







2008⁄11⁄28 16:46 カテゴリー:etc. comment(5)
▲pagetop








The Seagull


the_seagull.jpg すっかりトロントではまったバレエ観劇。

先々週に引き続き、The Seagull見てきました。
前衛振り付け師と、そのプリマバレリーナの母親、そしてバレエダンサーとクラシックバレエ振り付け師の愛憎劇。全く話を知らないで見に行ってしまったため、ちょっと混乱。。隣の席のおば様たちも相当混乱した様子で、始終こそこそアレは誰だと話していて、うるさーい!

悲劇だけれど、喜劇。面白い振りがあちらこちらにちりばめられていて、くすっと笑えました。それにしても、ダンスだけでここまで話を表現できるなんて素晴らしい。まるで台詞があるみたいに踊る。

男性バレリーナがパンツ(?)だけで踊る場面があり、その筋肉の美しさにうっとり 笑。バレリーナは本当に素敵な肉体美なので、衣装は最小限にして欲しいと思うのは私だけかしら。

 その後、momo家に御呼ばれして鍋パーティー。大勢でつっつく鍋はウマイ!の一言。バレリーナの肉体美にほれぼれした直後に、山ほど食べるとはこれいかに。。







2008⁄11⁄24 16:23 カテゴリー:event comment(2)
▲pagetop








Slumdog Millionaire


slumdog.jpg今年のトロント映画祭、People's Choice受賞のSlumdog Millionaire観てきました。

あの強烈なトレインスポッティングのダニー・ボイル監督作品。
インドのスラムで生まれ育ったジャマールがTV番組”クイズ・ミリオネア”で10億ルピーを手にするかという最後の問題で、翌日に番組がもちこされる。局を出ようとしたジャーマールは警察に連行されてしまう。スラムで育ち教育を受けてこなかったジャマールが問題に答えられるはずもなく、イカサマをしているのではないかという疑いで。。
拷問を受けるが、無実の彼には効かない。そしてぽつぽつと生い立ちから、番組に出る動機までを語り始める。

基本はラブストーリーですが、ジャマールの生き様が壮絶。インドの社会問題である貧困・宗教対立・誘拐・売春などありとあらゆる事に直面し、うまく生き延びる。学はなくとも生きる術をしっている。それがたとえ違法であってもモラルがなくとも。。インド深し。

エンディング必見!!映画終わって出なくて良かった~。やられた~っ!インド映画といえばコレでしょ 笑。







2008⁄11⁄21 17:57 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








Crepes a Go Go


IMG_0454_1.jpg すごくひっさびさにCrepes a Go Goに行ってみる。リフェレンスライブラリーのお向かいで最近オープンしたベルギーカフェLe pain quotidienのお隣。この2軒だけ、ちょっとヨーロピア~ンな雰囲気。どちらとも、フランス人・フランス語圏率高し。店員もフランスと英語のバイリンガル多し。

ここのクレープは、いわゆるクリームがどさっりとデコレーションされているアメリカンな物ではなくって、もっとシンプル。今回はモッツァレラチーズ&ラズベリージャムにトライ。意外にも、チーズとジャムの合うこと!チーズが入っているので見た目よりもお腹に溜まるしグッド。IMG_0455_1.jpg
決して広いとはいえないカフェだけれど心地よい。家の近くにあったら、いいのにな~。







2008⁄11⁄18 16:45 カテゴリー:cafe comment(4)
▲pagetop








いざPacific Mallへ


第2のチャイナタウンと名高いMarhkam地区にある噂のPacific Mall、何度も前を通ったことはあるけど行かずじまいで1年半。momo家が用事があるとのことで、そこでランチをすることに。IMG_0469_1.jpg

一歩中に入るとまるで中国(いったことないけど・・)違法コピーDVDやら絶対ニセモノブランド品の嵐 笑。momoによると、ここでは普通に値引き交渉が出来るらしい。。
同じような小さい店が迷路のように所狭しと並んでいるので、迷う。ふっと上を見るとストリートと番地がある。ですよね、でないとはぐれたら二度とあえなそう。

目指すランチ先はビッツに載っていたという黄金海岸。ぐるぐる回るもみつけられず、同業者なら知っているはずと休憩中のレストランの人に聞くと、1年ほど前にクローズしたとな。彼のオススメする金王朝酒楼にいってみる。(自分の店を勧めないのが笑えます)IMG_0462_1.jpg

もちろん飲茶。混んでいるお店ははずれがない。IMG_0463_1.jpg もちろん美味しかったです。

その後お向かいにある、ゲーセンにmomo家娘さんが反応!入ってみると日本にあるゲームばかりで、大人たちが興奮!昔取ったナンとやらで意外と良い動きをする夫。全然自慢にならない~。。夢中でダンスのゲームをする大人を割と冷めて見る娘さん。笑

IMG_0465_1.jpg

 以外や以外にも噂のPacific Mall楽しんじゃいました。

帰路に吹雪。あー冬来る。

IMG_0471_1.jpg 







2008⁄11⁄17 11:36 カテゴリー:restaurant comment(2)
▲pagetop








Oyster Boy


散々だった土曜の夜。気を取り直しに、大好きなオイスターを食べに。IMG_0456_1.jpg

トロントのメインストリートYonge、先日からクリスマスイルミネーションが始まった模様。といっても、この、ワイヤー・・・。あまりにセンスなく寂しくってないほうがましと思うのは私だけじゃないはず。トロント名物、本物の人モデルのウィンドーディスプレイ?もあちらこちらで見かけました。Queen St wにある怪しげな下着ショップには、ほぼ全裸のモデルさんがウィンドーで踊ってました。。IMG_0458_1.jpg

目指す先はOyster Boy!雨だし、早い時間だし予約なしでいったら、全席予約あり。1時間で食べ終えるならいいよとのこと。いまさら、他に行く気もしなかったので、ちゃちゃっと食べることに。
こちらはRodny'sとは違って、牡蠣はカナディアン参のみ。たまたまかな。バンクーバーやらプリンスエドワード島など。IMG_0460_1.jpg レモンとホースラディッシュをのせて、ちゅる~と戴く。おいし~!至福。子供の頃はカキフライですら苦手だったのにな。これはまさに大人のお味。

お隣のカップルはワインを片手に、私達のいる間だけで牡蠣を40個くらい平らげてた。。ほかのテーブルもひたすら牡蠣を食べてる感じ。私達はサラダとパスタをオーダー。両方とも美味しかったです。

ちなみに生ビールの種類が多かったのもGOOD 笑

 







2008⁄11⁄16 10:17 カテゴリー:restaurant comment(2)
▲pagetop








苦情申す!! Canadian tireへ


本日、非常に不愉快なことがありました!

昨年の大雪に懲りて、今年はスノータイヤを購入すべくここ1ヵ月くらいお安いパッケージプランがないか探してました。カナダのビックチェーンCanadian tireにてセール発見(先々週くらい)早速行ってみると、広告には出しているけど在庫がない・・とのこと。(なら広告するなよー。)しかも何時はいるかワカランとのたまう。
仕方なく、週末の度にCanadian tireの店舗を見つける覗いて、ようやく本日ある店舗でホイールとタイヤ両方在庫のある店舗があり早速お願いする。土曜の朝8時半に行ったにもかかわらず、既に8台のタイヤチェンジがあり、待つこと5時間!!携帯に電話あり。

ホイールが車と合わないので、別種のホイールに変更しなくてはいけない。とのこと。(でも1輪はちゃんと装着できたというのがかなりナゾ。それって装着技術の問題では??)ここでは別種のホイールの在庫はないので、他店舗で買って持ってきてとな。他店舗の在庫をシステムでチェックしてくれて、そこに行って見る。そこの若いサービスセンターの兄ちゃん、システムには4つ在庫ありになってるけど、ここには今年の2月から一度も入荷してないよ~ん。とな。おいおい。そこで再度、他店舗の在庫チェック。ちょっと遠い(20㌔ぐらい)店舗で在庫が15個あるからそこ行ってみてと。はいはい。

3店舗目。この時点で既に夕方。オートサービスセンター受付にホイールだけを探してますといった途端に、ここではホイールだけは売らないよ!!今は在庫ないけど、あったってそんなの受け付けないよ!って突然怒鳴られる。エー!!何故、何故怒鳴られなきゃいけないの?ってかなんでホイールだけを買えないの?それって顧客差別、いわゆるdiscriminationでは??私も思わず怒鳴り返してしまって反省。でも、彼女の顧客サービス本当になってない!!!いきなり怒鳴る?普通・・・。ひっさびさに超怒ってしまった。

再度、タイヤの在庫はあった店舗に戻ってホイールだけは購入できないと言われたというと、それはおかしい。本社にクレームすべきと。もっちろんですとも、ながーいクレームレター書いてやる。仕方なく、前払いして、タイヤとホイールを予約。しかも3週間後入荷予定。

今年からケベックでスノータイヤが義務付けられて在庫が不足してるのは理解できる。でも、実際と全くあってない在庫チェックシステムとひどい顧客サービスは何?絶対にsorryといわないし。あたかもこちらの責任まったくなしといった態度。Canadian tireについては色々と悪い噂は聞いてたけれど、本当にひどいと再確認した1日でした。

*追記 早速2枚にわたるなっがーいクレームレターを投函。返答が楽しみ。って私はクレーマー??







2008⁄11⁄15 20:53 カテゴリー:etc. comment(2)
▲pagetop








バレエ鑑賞・Symhony in C&Polyphonia& In the Upper Room


The National Ballet of Canadaのシーズンスタート!

三部作Symhony In C, Polyhonia, In the Upper Roomを見てきました。mainimage_upper.jpg (写真HPより In the Upper Room)

今日は本当に急に思い立って、Rushチケットをゲット。(当日の11時にボックスオフィスにて販売されます。30㌦/1P)その為、席はGrand Ringでほぼ横から舞台を見る形だったけれど、思いのほか全体像が見られました。舞台からも近く、ダンサーの息遣いや表情、無駄のない筋肉の動きや超人的な技の数々、そして近くではないと分からない震える腕や脚が見られて良かった!

何より三部目のIn the Upper Roomがすごいの一言。割と単調な振り付けだけれど、すごい運動量!ダンサーのスタミナったら!ちょっとしたトランス状態みたいになってたし 笑。いわゆるクラシックというよりもモダンなので好みは別れると思いますが、私は好き。

バレエ鑑賞熱に火がつき、早速次の公演The seagullのチケットも取ってしまった。むふふ。







2008⁄11⁄09 17:52 カテゴリー:event comment(0)
▲pagetop








いざ出陣!William Ashley SALE


一年に一度のWilliam Ashleyのウェハウスセールに行って来ました。

土曜の昼間という最も混むタイミングだったため、列は待ち人様のテントの外までにも伸びてディズニーランド状態・・。今回は昨年の失敗を踏まえてipodと夫と。北風ぴゅーぴゅー吹く中、待つこと1時間半。ふぅ。キッチングッツだけでなく(・・というかその他の方が多いな)クリスマス用品・子供おもちゃ・ガーディニング・バスグッツなどなど所狭しと並んでいます。IMG_0450_1.jpg

まず手に取ったのがコレ!RIEDELのワイングラス足なしシリーズ。なんと2客セットで11.75㌦也。ワインなぞほとんど飲まないけれど、ゲストが来た時に出すグラスがなくって。

そして、コレ!IMG_0452_1.jpg  私のバスタイムを冬に向けて充実すべく、バスキャディ!これこそ超ぜいたく品。だってゆっくり湯船に浸かる時間があってこそ使えるもの。しかも本の台までついていて、なんとキャンドルホルダーとワイングラス立てまでついてる。笑。さすがにキャンドル灯してワインを飲んだりはしないけど、雑誌を立てる台が欲しかったのですごく嬉しい。

他にもちょこちょこ購入。並んだ甲斐があったです。

 

 







2008⁄11⁄08 19:42 カテゴリー:shop comment(2)
▲pagetop








William Ashley SALE!!


普段はお高くって指をくわえてみてるだけ~のWillam Ashley。明日5日から一年に一度のビックセール!flyer2008_01.gif

初日の明日、先着100名様には70ドル相当のクリスタル製のデカンタプレゼント!って私は回し者か・・。
去年は、食器やキッチングッツだけでなく、クリスマスグッツやベビーグッツもありました。去年は1人寒空の中、列に並んで辛かったので、ことしはipodをお供に(あと夫も)参戦するつもり。







2008⁄11⁄04 17:04 カテゴリー:shop comment(2)
▲pagetop








課外授業?@Ryerson University


相変わらず、用事がない限り平日はESLに行っている私。正直、英語だけを勉強するのに飽きてる・・。そんなやる気のない生徒の気持ちを察してか?先生が課外授業を組んでくれました。

Ryerson UniversityのSocial Scienceのクラスにゲストオーディエンスとしてお邪魔してきました。トピックスはジェンダーについて。大講堂かと思いきや、中規模のクラスで私達ゲストのためにクラスは満員御礼。驚いたのは、PCでノートを取ってる生徒の多いこと!私の大学時代は紙だったよー。。そして、ちゃんと講義きいてるんだよね、みなさん。まぁ隣の男の子は携帯メールをぴこぴこしてたけれど。寝てる生徒なんて皆無だし真面目に授業を受けてる生徒がほとんど。日本の大学とは違うわーやっぱり。
講義自体、興味深い内容だったし2時間あっという間でした。そして久々の大学の空気をすって若返った感じ 笑。そろそろESLからステップアップしないとな~・・。

 







2008⁄11⁄03 16:07 カテゴリー:lesson comment(2)
▲pagetop








Changeling


changeling.jpg 最近めっぽう冷え込んできて、ゴルフ・サイクリングなどの外遊びがしんどくなってきて毎週のように映画三昧。

そんな訳で、イーストウッド監督アンジェリーナ・ジョリー主演Changeling観ました。

1920年代のLAが舞台。シングルマザーのクリスティーンの9歳の息子ウォーターが突然消失する。数ヵ月後、警察がつれてきた子供は息子ではなかった。。警察に、本当の息子を探してくれと何度も掛け合うが全く問題にされず、挙句に精神錯乱状態という理由で精神病院に送られてしまう。当時の警察は汚職まみれで機能していなかったのだった。精神病院には同様な理由で、正常にもかかわらず警察によって監禁されている女性がいた。人権活動家のReverendは彼女を助けようとする。警察が過ちを認めず、事件を無視し続けている間に、連続誘拐殺人事件が起きているのだった・・・。

実話ベースの話らしい。母親が自分の子供を見分けられないわけがないのに、警察の都合で違う子供を押し付けられるなんて。。恐ろしいです。

**オフィシャルHPのMenuからLA Times Archivesをクリック!当時の新聞に掲載されていた、この映画の元ネタの記事が読めます!!







2008⁄11⁄01 21:30 カテゴリー:movie comment(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2008 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。