torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








Air Show


このLabour Dayの三連休で開催されている、Air Showを見ました。またも大活躍してくれる自転車!車も大渋滞、ストリートカーももちろん大渋滞、歩きでは遠いオンタリオプレイス付近。自転車だとささっと行かれる。

IMG_2927.jpg カナダらしい消火用飛行機。水面に腹をこすりつけながら飛んで、給水してた。カナダは湖だらけだから、火事等でも活躍してそう。IMG_2958.jpg

音より早く飛ぶコレ。通り過ぎた後に轟く大音響に、いちいちびっくり。ふと周りを見渡すと、男の子、元男の子(夫を含め・・)達が超真剣な眼差しで空を見上げていて、オモロイ。男子は早いとか強いとか、すきなのね~。IMG_2959.jpg

IMG_2989.jpg SnowBirdsのアクロバティックなショウがトリでおしまい。2時間くらい空を見上げていてまた日に焼けてもうた~。




スポンサーサイト



2008⁄08⁄31 08:58 カテゴリー:event comment(2)
▲pagetop








Frozen River


frozenriver.jpg サンダンス映画祭グランプリFrozen River観てきました。

カナダ国境近くのNYが舞台。トレーラーハウスに5歳、15歳の息子と暮らすRay。ギャンブラーの夫は失踪してしまい、生活は日々の食事にも困るほど貧しい。あるきっかけで、ネイティブアメリカンのLilaと知り合う。Lilaの夫も失踪中で、1歳になる息子は姑に"盗まれて"いた。彼女は、カナダからアメリカに、凍ったセントローレンス川を車で行き来して、密入国者を密輸する仕事をしていた。お金がなくとも、息子達を食べさせていかなくてはいけないRayは、その仕事を手伝うようになる・・・。

Ray,Lila共に、あまりに悲惨な生活の中で、母親の子供への痛々しいほどの愛情が強く描かれた映画でした。いわゆる泣ける映画ではなく、もっと深いところをえぐられるような感じ。しばらく席から立てないほどの衝撃を受けました。
地元新聞Toronto Starでのこの映画の評価はそんなに良くなかったので、きっと万人受けはしないんだろうけれど、私にとって忘れられない映画になりそうです。







2008⁄08⁄29 15:55 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








ロブスター専門店 The Lobster Trap


年に一回ぐらい、レッドロブスターのテーマソングが頭にぐるぐる回って、ロブスターが食べたい!!って時がある。そんな時はトロントではRodney'sに行っていたけれど、評判のNorth YorkにあるThe Lobster Trapmomoファミリーとトライ!

ちょっとシャビーなレストランの外観とは裏腹に結構混んでる。メニューは、基本的にはロブスター何ポンド食べlobster.jpgるの?てことらしい。 本日はロブスターって決めて、お腹ぺっこぺこで挑んできたので、1ポンドのロブスターと、ガーリックトースト・ロブスタービスク・ポテト・飲み物のボリュームセットに。(写真はHPより)噂のロブスタービスク、夫曰く、古き良きアメリカンな濃厚スープ!って。美味しいんだかそうでもないんだか良く分からんコメントだけど、美味しかったです。ぷりぷりロブスターにも大満足。ハサミの隅々まで綺麗にほじほじして、食べる達成感?がいい。

私が夢中でロブスターのハサミと無言で格闘してる時、ふっとmomo家娘さんをみたら、夢中でクレヨンの皮をむきむき。彼女もチョコ星人だし、私と似てるかも・・笑

行きがけに、綺麗なうろこ雲で思わずパチリ。って、うろこ雲って秋が近い証拠ですかね。。IMG_0361_1.jpg







2008⁄08⁄25 15:07 カテゴリー:restaurant comment(6)
▲pagetop








ゴルフできらきら


今週はmomo家とは食べ部ならず、ゴルフ部。IMG_0354_1.jpg

先日、momoちゃんのゴルフコース初デビューをWhite Oaks Golf Cours果たし、今回は4 Seasons Golf Clubにトライ。momoさん、練習場にだって数回いったきりで、コースデビューしたにも関わらず、堂々としたうちっぷり。私の、右腕はアイアンの一つですと言い切っていた初年度とは全く違う~。運動神経の違いですな。

お天気も良くって気持ちがいいし、4人でぎゃーぎゃー言いながら回って楽しい!!

IMG_0360_1.jpgそして、新品のゴルフクラブにバックにサンバイザーに靴にとコーディネイトしていたmomoちゃんにつられて?買ってしまいました、コレ。 キャップのつばについているソレ。きらきらBonjocスワロフスキーのボールマーカー!うしし。
秋風の吹き始めたトロント、あとどのくらい今年はゴルフできるかな。

 

 







2008⁄08⁄23 17:21 カテゴリー:golf comment(4)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 最終日


本日最終日。飛行機は夕方5時過ぎに出発なので、やっぱり午前中にハイキング。ランナーズハイはらぬ、IMG_2860.jpgハイカーズハイか・・?

*Lake Agnes, Big Beehive (Lake Louise, 片道3,4㌔, Harder)
*Lake Louise Shoreline ( Lake Louise, 片道1.9㌔, Moderate)
おそらく、カナディアンロッキーで最もメジャーなトレイル。Lake Louiseから出発して、ちょっと登るとMirror LakeとLake Agnes。ここにかの有名なティーハウスがあります。紅茶を頂きつつ、一休み。IMG_2863.jpg  ティーハウスには紅茶の種類がたっくさん。ちなみに冷たい飲み物はありません。おそらく湖の水を沸かしているからかと。今日も朝早く出発したので、ハイカーはまばら。シカゴに住んでいるというフランス人カップルと情報交換をして、Big Beehiveへ。

本当は、出発日だったので、ティーハウスで引き返すつもりだったんだけれど、時間もまだまだあったし、IMG_2877.jpgやっぱり引き返すなんてもったいない!

Big Beehiveのlookout pointからはLake Louiseが一望!やっぱり登ってみてよかった。湖に浮かぶカヌーが豆粒に見えます。帰路はLake Agnesへは戻らずに、Lake Louise Shorelineを通って。IMG_2901.jpg だらだらと長い平坦な道で、乗馬をしている人が羨ましい。
途中で青い湖とミルク色の川とが混ざり合う場所がありました。
IMG_2903.jpg
8㌔ぐらいのハイクをしてThe Fairmont Chateau Lake Louiseの前に戻ってくるとちょうどお昼頃。学生団体旅行?と思われる日本人綺麗め女子集団と対照的なアタクシ・・。リュックしょって、登山靴はいて、どっぷり日焼けして。IMG_2913.jpg

でも歩いてこそ見られる景色ってすごい。子供のころ登山家の父に連れられて、イヤイヤ登山やキャンプをさせられていたけれど、今になってその良さがすごく分かる。頂上まで行った達成感というか。残念ながら?私にもハイク好きDNAが組み込まれているよう。。毎日10㌔のハイクにつきあってくれてありがとう、夫よ。

ロッキーの山々と大自然は、雄大で壮大で、忘れられない場所のひとつに。機会があったらまた是非訪れたい!!IMG_2578.jpg

 

 







2008⁄08⁄16 13:14 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 5日目


Lake Louise付近に宿泊して、本日目指すトレイルはLarch Valley。ただ問題が一つ。このトレイルのあるIMG_2593.jpgMoraine Lake付近はグリズリーベア(ヒグマ)の生息地。体長250㌢にもなる巨大クマさんがいるため、4人以上のパーティのみ入山が許可されています。どうすればいいのかLake Louiseのジャンクションにあるインフォメーションセンターに聞きにいくと、ちょうど同じような状況で途方にくれていたテキサス出身のカップルと意気投合して一緒に行くことに!良かった! (写真右は朝一のMoraine Lake、Ten Peaksが湖面に映って神秘的な美しさ)

IMG_2592.jpg *Larch Valley (Moraine Lake, 片道5,7㌔往復11,4㌔、Harder)
IMG_2712.jpgおしゃべりしながらゆっくり登ったので、結構ラクラク。高所に慣れたせいもある?女性の兄弟が日本人女性と結婚したそうで、話が盛り上がる。2時間弱登ると、草原に出て、そこからTen Peaksが一望!雲ひとつ無い晴天で最高に気持ちがいい、けどここでもまた蚊とアブの攻撃を受ける。お陰で何故か右腕は虫刺されまみれ・・。

Minnestimma LakesをこえるとここからがハイライトのSentinel Pass!IMG_2714.jpg 前にそびえるジグザグの山(壁?)を登ります。きつい~。でも頑張って登った人にだけ与えられるご褒美のこの景色!!!IMG_2738.jpg 標高2611㍍でデイハイカーの到達できる最も高いポイントらしい。

こんな所にも立ってみました。ちょっと足がすくんだ~。下山途中でMinnestimma Lakesで足を浸してみる。めっちゃ冷たくって気持ちがいい!氷河からの水だからすっごく綺麗で不IMG_2734.jpg 純物ゼロ!

アメリカ人カップルとはパーキングでE-mailを交換して、写真を送る約束をして別れました。

11㌔超のハイクをしてもまだまだ体力のある我夫婦。Moraine LakeでIMG_2786.jpgカヌーに初挑戦!昼間のMoraine Lakeは色が何ともいえない色!!Marine Glacier IMG_2798.jpgColourというらしいです。個人的には、Lake LouiseよりもMoraine Lakeの色に圧倒されました。

カヌー終えてもまだまだ物足りない我ら。ドライブしてYoho ParkのTakakkaw Fallsに観光に。IMG_2815.jpg パーキングの近くでGround Squirrel(リス)がお出迎え。立ち姿が可愛らしい。滝の真下まで行かれる遊歩道があり、かなりの迫力。ナイアガラの滝のハリケーンデッキを思い出しました。

 

IMG_2833.jpg 本日も長~い一日でした。良く遊んだ!!
 
 

 


 







2008⁄08⁄15 20:43 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 4日目


記憶の薄れないうちにがんがん更新中です。4日目は(も?)朝からはりきってトレイルへ。IMG_2493.jpg

*Cavell Meadows (Angel Glacier近く、片道3.8㌔往復7.6㌔、Harder)
*Path of the Glacier(Angel Glacier, 1.6㌔ループ、Easy)
くねくねとMt.Edith Cavell Rdを登っていくと見えるのが天使の形をしたAngel Glacier。またまた早朝すぎたためか、トレイルヘッドには人はまばら。 途中マーモットやピカがうろうろしてて可愛らしい。林の中を抜けると突然視界が広がる!IMG_2506.jpg

 
草原越しに見る氷河の美しいことといったら!lower lookout pointで軽く座って休憩とも思ったけれど、何しろ蚊が多くて一時も停まっていられない。なんで2000㍍超えているのに、こんなに蚊が多いの!?動物だってあんまりいない高所なのに~。 
仕方ないので?upper point(2288㍍)を目指す。目の前に立ちはだかるアルパインゾーン、既に木も草も生えていません。ラスト1,1㌔で170㍍の標高差なので、登りはIMG_2526.jpgとってもきつかったけれど、登りきるとAngel IMG_2513.jpgGlacierが目の高さで見られて素晴らしい景色が望めました。私の場合、行きはよいよい帰りは怖い~。登りは得意だけれどく下りがニガテ。膝がわらちゃってどうしようもない。夫は反対。登りぜーぜー下り軽がる。

帰路はPath of the Glacierトレイルを通ってCavell Glacier Lakeの湖畔で一休み。何故かココは蚊がいない。。人は沢山いるのに。

真近でみると氷河のクレバスがぱっくり。深さ軽く5㍍以上はあると思う。 IMG_2535.jpg氷河の端っこが空洞になっていて中に入ってる人もいたけれど、さすがに怖くて外からパチリ。トレイルの途中、雪崩れの音も何度か聞いたし、IMG_2542.jpg崩れてこない保証はないですから。

結局本日も10キロ超のハイク!トレイル終わったころにはトレイルヘッドのパーキングスペースは満車!他の人気のトレイルも昼ごろには一杯になっていたので、やはり午前中がオススメ。光も午前中が一番綺麗に当たるところが多いみたいです。この後、宿泊地のLake Louiseへ。IMG_2549.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 







2008⁄08⁄14 19:13 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 3日目


昨夜はJasperの街に宿泊。モーテルはそれなりのお値段だったのに、今まで泊った中でワースト。映画"No Country for Old Men"に出てきそうな感じ・・・。

早起きして、Maligne Lakeに行ってみる。カナディアンロッキー最大の氷河湖らしい。なんと途中、立派な角を持つエルクに出くわす!IMG_2293.jpg ラッキー!早起きは三文の得とはこのこと。IMG_2294.jpg
Maligne Lakeも人はまばら。

*Moose Lake Trail( Maligne Lake, 2,4㌔ループ、Easy) せっかくなので朝の散歩。誰もいなくって何か出そう~と何故か森のクマさんを歌いながら・・。トレイルの名前に惹かれたけれど、ムースには出くわさず。IMG_2300.jpg

Medicine Lakeを見ながら Maligne Canyonへ向かう途中、今度はMountain GoatファミリーとBighorn Sheepが道路脇に!今日はついてる。IMG_2337.jpg

 

IMG_2387.jpg

 


 
パークウェイ93Aを南下しつつMaligne CanyonとAthabasca Fall, Sunwapta Fallを観光。IMG_2366.jpg Maligne Canyonは渓谷最大の深度50㍍であるSecond Bridgeのみ。水をみていると、吸い込まれそうな錯覚になる~!冬季は渓谷の底を歩くアイスウォークやクロスカントリーなどのアクティビティができるみたいです。IMG_2350.jpg

IMG_2245.jpg 

 

 

本日のメインイベントはラフティング!昨夜Jasperの街で偶然通りかかったWhitewater Raftingで予約。簡単そうなレベル2とちょっと大変そうなレベル3を悩みに悩んで結局レベル3にトライ!レベル3にはPhisically fit and Strong swimmers向きって書いてあってちょっとびびる。25mしか泳げないしってオフィスで相談すると、大丈夫僕も泳げないからってめちゃマッチョなインストラクターさん。絶対うそ!Sanwapta Fall近くのパーキングが集合場所。10㌔ほどSanwapta Riverを北上しIMG_0491.jpgて、そこを下ってくるのがコース。水着着用でウェットスーツとセイフティージャケットを着こんで、簡単な説明を聞いて、いざ出陣!!メンバーはスコットランドから来たという女性3人組と我夫婦。男性はインストラクターと夫のみ・・。 最初はのーんびりと三十数年やっているというベテランインストラクターさんのガイドを聞く。ムースやクマが見られることもあるらしい。後半は嵐(笑)びっしょびしょになったけれど、楽しかった!

夕方、The Whistlers Mountainのトラムウェイにのってみる。展望台からのびているThe Whistlers Trailへ。
*The Whistlers ( The Whistlers Mountain, 1,4㌔, Harder)IMG_2428.jpg 時間的な都合で2335㍍地点までしかいかれなかったけれど、展望台より少しあがっただけで景色が更に壮大に!Athabasca IMG_2436.jpgRiver, Jasperの街と山々と見渡せて、声もでないほど美しい。登りは結構ハードでした。。

 

IMG_2460.jpg 

 
 







2008⁄08⁄13 10:06 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 2日目


IMG_2093.jpg初日の夜はBanffから約20㌔のCanmoreに宿泊。国立公園外に位置するため、多少宿泊代安いけれど、それでも高っ。パークウェイ93を北IMG_2089.jpg上。アイスフィールドパークウェイと別名されるだけあって、左右には氷河が見える!(写真右はCrowfoot Glacier)

Lake Louiseから118㌔走ったところが今日の最初の目的地、Parker Ridge Trailの登場口。

*Parker Ridge (118㌔Lake Louiseより北上、一方向2,4㌔往復4,8㌔、Harder)IMG_2119.jpg
いきなり、難易度ハードのトレイルでびびるものの、厳しかったら途中でひきかえそうといって出発!朝も早いので、トップシーズンにも関わらず、トレイルを登っている人はまばら。最初の登りは多少きつかったけIMG_2150.jpgれど、登りきると高度2271㍍でこの眺め!Saskatchewan Glacierが一望で、それに続くSaskachewan Riverが見えました。 もう言葉を失う美しさ、あんまり綺麗で現実感がないほど。IMG_2155.jpg

 8月の中旬だけれど、山頂は寒くてジャケットとニット帽を着用。念のため持ってきていてよかった~。

Walks and Easy Hikesの本では難易度ハードだったけれど、問題なく登れてIMG_2175.jpg調子を良くした私は次のトレイルへ。

*Wilcox Pass (Columbia Icefieldそば、一方向4,5㌔往復9㌔、Harder)IMG_2197.jpg
 がんがん登る私とぜーぜーいう夫、夫のギブアップにより3㌔ぐらい登ったところで引き返す。このトレイルからはAthabasca Glacierが一望!

IMG_2205.jpg 雪上車のツアーの様子も良く見えました~。

IMG_2203.jpg 

 
雪上車のツアーの出発するパーキングで一休みして、雪上車にはのらずにAthabasca Glacierのすぐ近くまで行かれるトレイルに行ってみIMG_2221.jpgる。雪上車、トレイルからは豆粒に見えたけれど、実際はこんなに大きい!

*Athabasca Glacier( Athabasca Glacier, 一方向2㌔往復4㌔、Moderate)
ここも氷河すぐ近くなので、風が冷たい!! この氷河は、温暖化のために年1.6㍍も後退しているらしい。1992年度氷河地点から氷河までこんなIMG_2227.jpgにあって、ちょっと考えさせられる。氷河は近くで見ると、思った以上に厚みがある!IMG_2228.jpg毎年氷河のクレバスに落ちる死亡事故があるらしく、あちらこちらに怖い注意が・・。子供からは絶対に目を離さないようにしましょう・・。

IMG_2224.jpg  

 

 

 

トータル10㌔弱歩いて、今日のトレイル終了~。本日の寝床のJasperへ向かう。途中、鹿(エルクのメス?)フIMG_2279.jpgァミリーに遭遇!IMG_2276.jpg 







2008⁄08⁄12 10:45 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅 1日目


到着日、バンフ近辺に着いたのが夕方4時ごろ。まだまだ日は高いので足慣らしに短いトレイルを幾つか歩く。IMG_2016.jpg

*Stewart Canyon Trail (Lake Minnewanka、片道1,7㌔ Easy)
友人オススメのこのトレイル、ビックホーンシープの生息地らしい!この日は雲行きが怪しく、1㌔ぐらい歩いたところでUターン。動物いなかったね~と夫と話しながらあるくと、トレイルをまさに歩いているビックホーンシープを発見!大興奮!! 人間が歩きやすい所は動物も歩くって言うけど本当だったんだ。合計5匹がとことこトレイルあるいて山に戻っていきました。IMG_2026.jpg

IMG_2024.jpg

 

 *Tunnel Mountain Hoodoos (Tunnel Mountain Rd, 片道500㍍、Easy) IMG_2033.jpg 雨と風と雪解け水で作られた大自然の結晶!このポイントからBow RiverのほとりのThe Fairmont Banff Springs Hotelが見えました。IMG_2034.jpg

*Fenland Trail (First Vermiloion Lake近く、1,5㌔ループ、Easy) バンフの街のすぐそばにも関わらず、ビーバーやエルクに会えるチャンスが大きいらしいので期待大!ちょうど夕暮れ時、といっても8時ごろで薄暗くなりかけ。動物は朝と夕暮に活動するっていうしね。IMG_2041.jpg いかにも何か出そうな雰囲気だったけれど、会えず。大きな動物の歩いた跡らしきものはあった!って熊もいるだろうし見たいような見たくないような・・。

結局、数時間で駆け足で3つのトレイル・合計5キロ強。足慣らしにはちょうど良い感じ。明日から頑張るぞ!

 

 









2008⁄08⁄11 21:50 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








カナディアンロッキーの旅


カナダに住んでるからには絶対に行ってみたかったカナディアンロッキーに5泊6日で行って来ました!

トロントから飛行機で約4時間。カナダの内陸の大穀物地帯を見ながらロッキーへの玄関口であるカルガリーに2時ごろIMG_2010.jpg到着。レンタカーをしていざ出発。地平線が見えるほど平ら~なハイウェイを1時間ほど走るとロッキーの山々が見えてくる。IMG_2014.jpg 3500㍍前後と、どれも富士山級の高さ!

今回の旅の目的は主にハイキング。歩くの大好きだけれど、ハイクは最近ではあまりしてない私にどれだけ出来るのか・・。ハイキングシューズを新調して、やるきだけは満々!

なお、コースの参考にしたのは"Walks and Easy Hikes in the Canadian Rockies"rockis book 、見やすくて分かりやすいのでお勧め。(コースの難易度もこの本を 参考)4000㌔以上もあるトIMG_2053.jpgレイルネットワークはほとんどが未開地。そのうち約100が私のようなデイハイカー、ファンハイカー向きらしい。たった5泊しかないので、ブロガー・ガイドツアーのHPや体験談を参考にしつつ、トレイルを選択。徐々にUPしていきます。

 

 IMG_2075.jpg







2008⁄08⁄11 20:40 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








ベトナムレストラン Hanoi Bistro


恒例momo家との食べ部。午前中は晴天でパティオな気分だったのに、昼になるとサンダーストーム。急遽、変更してBaldwin St.にあるベトナム料理Hanoi Bistroに。IMG_1894_1.jpg今年の夏は本当にサンダーストームが多い!降水量も記録更新中とか。夏に雨が多いと、冬がマイルドという噂もあるのでそれを大いに期待して・・・。

レストランは2階にあるので、分かりにくい。階段を登るとベトナム料理屋さんとは思えない小奇麗さで、スタッフもフレンドリー。ベトナムといえば、いつでもどこでもオーダーするPHO GA(チキンのフォー)も美味しかったです。 

食後にはThe Distillery Districtに移動。お目当てはセレクトショップlilioの夏物50%オフセール!とお店の中をいつもうろうろしている看板犬のチャウチャウ(笑)momo家の娘さん、「a big dog!!」と大興奮でした。(あっ、私も?)momo家といるとカナディアン、必ず娘さんや赤ちゃんの年齢をきいて話しかけてくる。幾つなの~?ステキなワンピ着てるのねーって。今日も娘さん、きらきらのついた可愛いTシャツワンピとスパッツとシルバーのサンダルの完璧コーディネイトのいでたちで、ショップスタッフに大評判!dressing niceと言われてご満悦そうでした。笑







2008⁄08⁄09 09:06 カテゴリー:restaurant comment(2)
▲pagetop








TORONTO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL08!!


今年も9月4日~13日にトロント国際映画祭が開催されます!映画キチガイの私にはたまらないイベント。今年は観るだけではなくボランティアとして参加すべく、Recruitment Sessionに参加してきました。

早めに!とウェブサイトにあったので45分も前にいったにもかかわらず開催場所のRoy Thompson Hallの前には長蛇の列・・。まずは冊子を渡されて外で待つこと30分。暑い・・。やっと屋内に入れてもらえて、席に着くとボランティアコーディネーターの方達の説明約1時間超。長い・・。そして到着順にボランティアのシフトの希望が出せるしくみで、更に待つこと1時間。やっとこシフトの希望を提出すると、そこで軽くインタビュー。
「レジュメは?」とインタビュー係のボランティアのおじいちゃん。
「へ?レジュメ?」私。
レジュメ必要なことすっかり忘れてた!以前HPをチェックした時、レジュメめんどくさいなっと思ってたのに・・失敗。やさしいおじいちゃんはレジュメは後でメールで送って、あと2,3質問させてと簡単なインタビュー。どうしてボランティアしたいの?何をしてるの?どのくらいトロントに住んでるの?英語の騒々しい環境で大丈夫?とか・・簡単な質疑応答して終了。かかった時間3時間!提出した希望シフトが空いていれば(・・メールしたレジュメが届いていれば)、ボランティアとして劇場でチケットのもぎりや案内係りをやる予定。一回のシフトで、映画チケット一枚貰えるのです!うふふ。

今回のRecruitment sessionで分かったこと。早めのSessionに参加すべし。早く会場には到着すべし。私みたいにの~んびりと終わりのほうのSessionに参加すると希望のシフトが残っていないかも。








2008⁄08⁄06 23:09 カテゴリー:event comment(0)
▲pagetop








Caribana 2008


IMG_1968.jpg北米最大級のカリブのパレードCaribanaを見物しつつサイクリング。(サイクリングしつつCaribana見物か?)Exhibition PlaceからLake Shore Blvdを西にがパレードのコース。Bathurstを西に行った辺りからすごい人、車は大混雑。そんな中,自転車ですいすい~っと。 IMG_1990.jpg 老いも若きも男子も女子も踊りまくり。パレードに参加している人が一番楽しそう。衣装も超ド派手。コレを着るには、ボリュームある体と勇気が必要かと・。

IMG_1992.jpg 

Caribanaの喧騒をぬけて、またもHumber Riverのサイクリングロードに。IMG_1994.jpg さっきのお祭り騒ぎがうそのように静かで田舎。ほんの10分走っただけなのにね。トロントはちょっといっただけで、すIMG_2005.jpg ぐに小旅行気分にひたれる。Humber Riverを北上して、Old Millの可愛らしい街をふらふらして、Humber Riverを南下しつつ帰路へ。また30㌔のサイクリング。

帰ったら2重の虹が窓から見えたので思わずパチリ。
IMG_2009.jpg 

 







2008⁄08⁄03 07:27 カテゴリー:event comment(8)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2008 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。