torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








Gone Baby Gone


gonebabygone-thumbnail2.jpg映画月間に終わった一月最終日、Bloor Cinemaにてベン・アフレックの初監督作品Gone Baby Goneを見ました。ベン・アフレックは監督に徹し、主演は弟のケーシー・アフレックの兄弟共作。

はっきりいって非常に治安の悪そうな地域で4歳のアマンダが誘拐される。その叔父夫婦が私立探偵のパトリックに調査を依頼する。パトリックは、地元のコネクションを使って調査を開始するが・・。

アマンダの母親は、ドラック&アルコール中毒でどうしようもない、そして娘を誘拐された悲劇的な母親を演じることにのみ気を使う。殺されたと思われたアマンダは、実は警察官のジャックが引き取ってアマンダは幸せそうにそこで暮らしていた。。探偵パトリックは、正義感のもと、アマンダを母親に返すが果たしてそれがアマンダにとって幸せなのかどうか・・。

なんだか、とっても暗く救いのない映画でした。にしても、英語の分かりにくいことといったら!みんなぼそぼそ話すし、fuckingばっかり鼻につく。日本語字幕で見直したい。英語力不足を実感。はぁ~。





スポンサーサイト



2008⁄01⁄31 22:12 カテゴリー:movie comment(0)
▲pagetop








There will be blood


近所のRainbow cinema、火曜日は4㌦ディ。トロントは本当に映画が安くて助かる。

アカデミー賞ノミネート作品の話題作There will be blood見ました。there will1900年代初頭、石油を掘り当て大富豪となったダニエル・プレンビューの生涯を描く。ある日、若者がダニエルの前に現れ、彼の家族のいる土地、リトルボストンに石油があると告げる。その村では若者の兄弟がカリスマ牧師をしていて・・。アメリカンドリームを実現させたダニエルだが、嫉妬深く欲深く狂気じみてくる。そして、私には牧師も、新興宗教かカルト集団の教祖のようにみえて胡散臭い。富を手にした人間の本質とは・・?が主題かと。

あーもうちょっとキリスト教の知識があったら!もっと楽しめたのに、残念。主演のDaniel Day Lewisの奇演にやられた!すごく癖のある話し方で、頭にぐるぐる残る。音楽もとても効果的なので是非映画館で!







2008⁄01⁄29 17:41 カテゴリー:movie comment(3)
▲pagetop








韓国BBQ Seoul kao


すっかり週末の恒例となった、momo・familyとの食べ部の活動報告。

今回は、ESLのクラスメイトの韓国人に聞いた豚のBBQのレストラン。North YorkのSteelsとYonge St.の交差点の北東側の小さいモールにあるSeoul Houseというレストランがおいしいからーって言うけど、Seoul Houseというお店はない・・。赤い屋根のSeoul kao(?だったような・・・)を発見して突撃してみる!
かなーーり分かりにくい。絶対ふらっとは入れない店構え。店内に張ってあるメニューはハングル。おそるおそる、足を踏み入れると店員さんに1人日本語の出来る人が!はぁ~助かった!

クラスメイトのオススメの豚のBBQと店員さんオススメの酢豚をオーダー。IMG_1409_1.jpg10種類以上でてくる無料の前菜とBBQには、なんと大好きなスンドゥブまでセットでかなりのお得感♪コリアンBBQっていうとカルビを連想するけれど、IMG_1408_1.jpgレタスに包んでお味噌をつけて食べる豚も美味しい。店員さんオススメの酢豚も超ボリュームで大満足。

値段と味だけで、点数をつけると、10点満点7.5点の高得点をマーク!って大のコリアン好き二人と大の豚肉好き一人がいるので、すごく偏った採点(?!)

食後のデザートにはコリアンタウンのホドカジャのお店にて、コリアンカキ氷パッピンスにて締め。冬のカキ氷やアイスってやめられない~。







2008⁄01⁄27 20:05 カテゴリー:restaurant comment(2)
▲pagetop








Atonement (邦題 つぐない)


photo145179.jpg07年度話題作の一つ、Atonement(邦題 つぐない)を観ました。

1930年代、戦時中のイギリスが舞台。名家の娘シシーリアと使用人の息子ロビーはお互いに好意をもっている。そして、密かに13歳の妹のブライオニーもロビーに思いをよせている。ある事件の証言でブライオニーがウソをついた事で、ロビーは刑務所へ、その後戦争へとシシーリアと引き裂かれてしまう。ブライオニーは一生ウソをついたことを後悔し続けて・・。

主演のキーラ・ナイトレイの美しいこと!ぴらっぴらの薄いドレスが透けるような肌によく似合う。時間軸が度々戻るので、ちょっとイラっともしたけれど、イギリスの田園風景から戦争風景まで映像と音楽がとても綺麗。映画館で観るべき映画。原作の本「贖罪」が読みたくなりました。








2008⁄01⁄21 20:38 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








韓国料理 Jung Soo Nae 


週末の恒例となりつつあるmomoちゃんfamirlyとの食べ部、今回目指す先はNorth Yorkにある韓国料理Jung Soo Nae。momoちゃんリサーチによると、生の蟹を辛いタレにつけてあるカンジャンケジャンが美味しいらしい。
韓国料理が大好物なのと、韓国人が躊躇なく韓国語で話しかけてくることから、前世は韓国人と信じて疑わない私。美味しい韓国料理屋さんときくと胸が高鳴る!

それにしても今夜は寒い!!温度計でー9度、強風につき、体感気温はおそらくー20度ぐらい?IMG_1397_1.jpg

レストランは、レストランと呼ぶと語弊がありそうな外見(失礼っ!)町の食堂風。でもこういう処が美味しいんだよね~。カンジャンケジャンと、スンドゥブ、おからの辛いスープ、パジョン(チジミ)、プルコギをオーダー。どれも美味しかった!一番人気は、以外にもプルコギ。プルコギってたまに牛肉臭いときもあるけれど、これはゴマ風味で美味しい。
私達のテーブル以外、全員韓国人。そして私達以外の全てのテーブルでオーダーされていたカツカレー(?)もすごく気になったけれど、今回はパス。隠れた人気メニューなのかな?
このレストラン、メニューに全ての写真が載っているので分かりやすくて◎

*チジミとはパジョンの方言らしい。日本ではチジミですっかり定着しているけれど。。韓国人の友人談。

食後、まだまだ食べたりない食べ部。momo familyおすすめのアイスクリームパーラーDutch Dreams Cafeへ移動。IMG_1398_1.jpgSt,ClairとButhurstの交差点にあるカフェ、先ほどの韓国料理やと違って絶対見逃さない外見。
せっかくなのでパーラーを夫とシェア。予想の5倍の大きさ!!!さっすがカナダ。予想を常に上回る・・。IMG_1399_1.jpgDutchと言うだけあり、オランダイメージの小物が店内に所狭しと飾ってあって、楽しい。看板のトリコロールカラーもオランダ国旗風。(フランスは縦)

食べきれないね~といいながらペロリ。私達の胃袋ってば・・。







2008⁄01⁄20 10:10 カテゴリー:restaurant comment(1)
▲pagetop








センスぴか一 毛糸屋さんAMERICO ORIGINAL


毛糸を探してQueen St.Wをぶらぶら。SpadinaからBathurstの間に、服飾関係グッツ(生地、ボタン、ビーズetc.)の専門店が並びます。
その一角に、センスピカ一の毛糸やさんAMERICO ORIGINALを発見!!一歩中に踏み入れた途端、私の中の何かのスイッチが入った!サウスアメリカからのインポートの毛糸が所狭しと並び、ブランケット等のホームアクセサリーも少々。そしてニット帽やマフラー、セーターのどれもかわいいこと!トロントでこんなにツボなニット小物を見たことがない。但し、売り物ではなく、アイデア。欲しい場合、毛糸を買って、パターンを貰って、自分で編まなくてはなりませんっ。なかなかハードル高し。
聞くと、お店のオリジナルなパターンで、毛糸もオリジナル。自分で編んでオリジナル。
結局、2時間ちかく悩みに悩んで、ペルー産の100%アルパカを購入。毛糸は最高級(買ったほうが安い?)あとは自分の腕次第・・・。
IMG_1396_1.jpg


alpaca.jpgアルパカさん、ふわふわ毛糸ありがとう。(写真:before after)
alpaca_after.jpg







2008⁄01⁄17 19:10 カテゴリー:shop comment(2)
▲pagetop








オーガニックスーパー The Big Carrot


ギリシャ人街であるDanforth Aveを散策。偶然見つけたオーガニックスーパーThe Big Carrot。York VilleにあるWhole Foods Marketはアメリカのスーパーのため、NYよりも更に値段が高めで足が遠のくし、町に点在する小さいオーガニックショップは品揃えがイマイチ。ここは店内もひろくて、スキンケア系も充実。生鮮食品も。面白いものも売ってそうだし、アメリカに展開するTrader Joe'sを彷彿とさせる感じ。開拓の余地あり♪

ぶらぶらついでに、カフェDemetreに入ってみる。デザート系がかなり充実。IMG_1392.jpgクレープを夫とシェア。4スクープはあると確信できるほどのアイスが入った顔以上大きいクレープ。。夫のカフェモカは、アイスにエスプレッソをかけるタイプ。アイスを飲んでアイスを食べるとは、これ如何に。

オーガニックスーパーでオーガニックフードを買って健康フリークをきどったけど、意味ないな・・。







2008⁄01⁄14 17:59 カテゴリー:shop comment(2)
▲pagetop








スペインレストラン Segovia


ひっさびさのスペイン料理、トロントの2007年度ベストレストラン50にランクインされていたSegoviaに友達のmomoちゃんファミリーとトライ!IMG_1390.jpg

Yonge St.を一本入った目立たない場所にお店発見。店内はまるでスペイン!トロントらしからぬ店構え(笑)料理も期待大。
サングリアと、タパス三種アリオリ(ガーリック)サラダ、とタパス三種(ムール貝、ガーリックシュリンプ、スネイル(カタツムリ))でまずは乾杯。どのタパスも美味!
ガーリックまみれになったところで、ウワサのパエリア(全部入)登場。大人4人で3人前をオーダーしてみた。写真の印象よりはるかに大きい鍋。食べきれるかとの不安も一口たべてふっとんだ~。リゾットに近い感じで、シーフードの味もよくしみこんでいて、ほんとに美味しい。(さすがに食べきれずお持ち帰り)
IMG_1386.jpg
2歳のキュートなさくらちゃん用にとポテトのキッシュもサービスあり。スタッフもフレンドリーで金・土の8時半からはフラメンコのショーもあるみたい。一瞬旅行にスペインに来たかのような錯覚になるような、ステキなレストランでした。







2008⁄01⁄13 17:53 カテゴリー:restaurant comment(0)
▲pagetop








Lust, Caution 色/戒


2007年度のベネチア国際映画祭の金獅子賞、アン・リー監督Lust Cautionを見ました。lust caution

第二次世界大戦中の日本占領下の上海が舞台。抗日運動に身をささげるスパイ・ワォンは対敵する特務機関のリーダー・イーに近づき暗殺の機会を狙う。危険な逢瀬を重ねるうち、イーに惹かれていき暗殺の任務と愛の狭間で苦しむ。j暗殺に踏み切れないウォンと、薄々感づきながらもウォンを受け入れるリー。

何より、香港の大スター、トンーレオンの圧倒的な演技力と、それに負けないくらいのヒロイン役タン・ウェイの演技が素晴らしい。タン・ウェイは新人ながら、堂々とヌード濡場も披露。そして、当時の町並みの美しさと、女性達の着ているチャイナドレスの素敵なことといったら!花様年華を見たとき同様、ストーリーそっちのけで、そのチャイナドレスの美しさにほれぼれ。

濡場が話題の映画ですが、このストーリーには不可欠だと思う。でも、中国ではカットされているらしいです。







2008⁄01⁄10 22:18 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








Into the Wild


今月のBloor Cinemaは07年に見逃した映画がざくざくで目が離せない。into the wild

08年度最初の作品はショーン・ペン監督Into the Wildに決定。この映画、実話ベースです。何不自由ない家族(中の上くらい?)に育ったクリスは大学を優秀な成績で卒業し、将来を有望されているにもかかわらず、全てを捨て、旅に出ます。運転免許・social security cardを破り捨て、洪水で車が廃車になったことでふっきれ全ての所持金を焼き、ヒッチハイクと無賃乗車とカヌーで。生きることとは?自分の居場所とは?を探して。

society(←この場合なんと訳せばいいのか分からないけど、おそらく人間関係・文明全て)から決別してアラスカを目指す・・というもののヒッピーのカップルや退役老人等、人に支えられ最終的にアラスカ荒野にたどり着き、乗り捨てられたマジックバスにて本当の1人の生活を始める。そして、孤独と飢餓の究極の状況下で分かったこと。幸せは人と共有してこそ幸せ。旅に出て2年後の1992年、クリスが餓死。

映画の前半はアメリカ大陸の大自然が満載でまるで観光案内のようだけれど、後半、本当のサバイバルが始まると見ているのがツライ。人は野生動物ではないから、蛆のわいた肉は食べられないし、火と寝床がなくては生活できない。そして、人がいなくては生きられない。

鑑賞後、どーんと思い気持ちで外に出たら、雪と寒さでここはアラスカかと思った・・。それもそのはず昨夜ー17まで冷え込み、オンタリオレイクに氷が張ってました。







2008⁄01⁄03 19:58 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








A Happy New Year


明けましておめでとうございます。 IMG_1375_1.jpg

今年で海外で3回目のお正月を迎えました。06年,07年は友人とパーティーをしたりと、賑やかに年越しをしていましたが、今年は夫婦2人で。

例年通り、簡単なお節を準備。そして、メインには巨大ローストビーフ。リブを肉屋に買いに行った時、 何故か4人分と言ってしまった。。家でその肉の巨大さにびっくり、なんと2キロ強。2人なのに・・。素直に2人分って言えばよかった、(というか1人500gの計算なら1人分でも良かった)何故見栄を張ったのか自分でも大いにナゾ。2人で寂しいな~って思われたくなかったのかな、どうしたワタシ?塩コショウをしてローズマリーをすり込み、えいやっとオーブンに投入。

IMG_1376_1.jpgIMG_1378_1.jpg

大晦日は、仕事から帰宅した夫と年越しそばを食べ、タイムズスクエアのカウントダウンをTVで鑑賞。・・しようと思って他のことをやっていたら12時18分。あれ~もうカウントダウン終わってるし。とほっ。

なんだかさえない年越し。まぁ健康で迎えられただけでよしとしよう。
皆さまも、どうぞ良いお年を。 

2008 kumako

 









2008⁄01⁄01 13:45 カテゴリー:event comment(4)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2008 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。