torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








William Ashley SALE


トロント唯一の高級食器屋さんWilliam Ashley、いつもは指をくわえてみてるだけ。お友達から年に一度のビッグセールがあると教えてもらい早速行ってみることに。


通常セールは明日(29日)からだけれど、アメリカンエクスプレスカード所有者はプレセールに行かれるらしい。車を飛ばし、Lawrenceにある倉庫へ。開店15分前についたにかかわらず、大行列。1人だったためか、前にいたハイソな雰囲気のご家族が気を使ってくれ、話しかけてくれたりチョコ(←ゴディバだった!)をくれたり。。結局待つこと3時間弱。ようやく突撃。
テーブルウェアだけでなく、子供グッズ、クリスマスグッズなど所狭しと置いてあり圧巻。ビッグセールというだけあり、60%オフ以上がほとんど!これなら手が届く。結局悩みに悩み、ドイツのクリスタルメーカーNachtmannのボウルとプレート、ノンブランドのキッチングッツを数点購入。とてもお買い得でした。


暇つぶしの雑誌やらiPodやらを持って行けばよかったと後悔。トロントにきてこんなに並んだのは初めて。。倉庫内は入場制限してるだけあり、通常のセールなみでした。




スポンサーサイト



2007⁄10⁄29 04:13 カテゴリー:shop comment(4)
▲pagetop








紅葉@High Park


ひっさびさの晴れ。先週は最高気温でも12,3度でこのまま冬へ突入か・・と危惧したものの昨日今日と20度近い。インディアンサマーというのかな?最後のあがき(?)でサマードレスの女性も・・


お天気に誘われ、ふらりとHigh Parkに出掛けてみると、まさに紅葉のまっさかり!IMG_0409.jpg
今年の流行り風邪にかかってしまったのか咳がとれない。先週、バス内で咳をして病原菌扱いされてから、室内恐怖症・・(露骨に嫌な顔されて窓をあけられた~)屋外なら咳し放題。


そしてここには犬の放し飼いエリアがあり、大の犬好きの私には天国!


 


IMG_0385.jpgIMG_0388.jpg
動物園ではカピバラで和み・・
紅葉で癒され・・ある意味、自然療法。
IMG_0403.jpg

IMG_0442.jpgIMG_0419.jpg









2007⁄10⁄22 08:05 カテゴリー:toronto comment(2)
▲pagetop








Lockout


先日ESLでのこと。
休憩時間におトイレにいって、ちょうど個室に入った瞬間、誰かが何かを叫んでみんながばたばたと走る音。ナンダロっと首をかしげるもそのまま用をすまし教室に戻ると。。
何かがおかしい。廊下に生徒が誰もいないし、教室のドアが開かない、異様なほど静か。うろうろしてるともう1人、中に入れなくなったクラスメイトがいて、隣の教室に一緒に入れてもらう。
しばらくして、アナウンスがあり、戻っていいよと。教室に戻ると、先生にめちゃ怒られる。これはLockoutの避難訓練、銃を持った危険人物が侵入してきたことを想定していたのに、本当だったらあなた達は殺されているわよっと。
・・・地震・火災の避難訓練なら子供の頃から何度となくしてきたけれど、こんなの初めて。ワシントンで大学生の乱射事件もあったばっかりだし、ここカナダでもモントリオールの大学でで昨年乱射事件があったらしいし、自分の平和ボケを再確認しました。ホント身に沁みました。







2007⁄10⁄16 01:23 カテゴリー:etc. comment(2)
▲pagetop








西ナイル熱


最近、急激に気温が下がり、朝は5,6度、昼でも12,3度。お陰で風邪をひいたらしく声が上手くでない・・。


風邪でふっと思い出して昨日、血液検査の結果を聞きに医者へ。
実は8月中旬に高熱が続き、当然ファミリードクターも決めていなかったので、近所のウォークインクリニックに。高熱と背中痛がひどいといったら、ドクター、西ナイル熱の季節で疑いがあるので血液検査を受けなさいと。。西ナイル熱の三大症状は①高熱②頭痛③吐き気だそうな。吐き気と頭痛がきたら脳炎の可能性もでるので、エマージェンシーへ行きなさいと。。その場でラボの紹介状を書いてもらい、その足で直行し血液検査を受ける。あいにく、医者に行った翌日から夫は長期出張。何かあったら1人でエマージェンシーに駆け込むのかぁ、いやだなぁと市販の解熱剤を飲んでひたすら寝ること数日で熱は下がる。。ところで1週間たってもラボからも医者からも血液検査の結果の連絡がないので、出向くと、まだよ~一ヶ月くらいかかるわよ~とラボの受付。???もしも西ナイルに感染してたら?脳炎になってたら?一ヶ月っていくらなんでもかかり過ぎでしょ!北米WAYに慣れていたつもりでいたけれど、久々にいらっときた。そして、約2ヶ月後の昨日、ふっと思い出した私も私・・。結果はNegative。ほっ。


西ナイル熱、夏の終わりから秋にかけてがシーズン。致死率は0.1%ほどで蚊を媒介として感染。人から人への感染はないらしいです。日本国内で発症したのは2005年にLA帰りの男性の例のみ(多分・・)
2003年に大流行したSARSもここトロントにて発症例あり。香港帰りの女性が広めたというウワサ。実際、北のチャイナタウンであるMarkamから広がったというので信憑性ありかな。様々な国の人がいるということは、様々な病気もあるということ。気をつけなくては。







2007⁄10⁄14 03:24 カテゴリー:etc. comment(2)
▲pagetop








ジェニファー・ロペス 夫婦コンサート


先日夫が、突然”J.LOのコンサートチケットあたったよ”と。
どうやら会社で抽選があり、運の悪さではぴか一の夫がなんと当たったらしい。ラッキー。という訳で、昨夜行って来ました。jlo.jpg

このコンサート、夫のサルサ歌手であるマーク・アンソニーとの初の夫婦共演コンサート。マークアンソニーもJ.Loと同じくプエルトリコ系アメリカ人でサルサ界のスター(らしい・・)始めの1時間半以上は彼の熱唱が続く。オーケストラ席のラティーノたちは踊り狂い、黄色い声援が。歌も声も容姿も仕草も、The☆Latino!
そして10時近くになって、ようやくJ.LO登場!妊娠したというゴシップもあり、まさかのキャンセル?と頭をよぎったけれど、出てきた時の歓声といったら!顔が小さくって細くてゴージャスという言葉がぴったり!英語とスペイン語の歌をまぜつつ、ダンサー達と激しいダンスを繰り広げ、舞台装置も派手で見所がありすぎて目が追いつかない。最後に夫婦でデゥエットを熱唱してフィナーレ!

シートはいわゆる接待用(?)のBOXシート。1ボックスに1人のアテンドしてくれる人がついて、飲み物を運んできてくれたり専用のお手洗いがあったりとVIP待遇。ただし、いまいちコンサートに参加している感がでない。。野球観戦で安い外野席の方が盛り上がるみたいな感じか・・。







2007⁄10⁄12 06:10 カテゴリー:event comment(0)
▲pagetop








Eastern Promises


サンクスギビングホリデー三連休最終日、David Cronenberg監督20071008185958.jpgEastern Promises見ました。
ホラーはキライだし、サスペンスは好んでは見ない。でもこの映画、今年のトロント国際映画祭のPeople's choice award。バイオレンス系サスペンスだけれど見るしかない。


病院勤めのAnne(ナオミワッツ)は14歳の少女が、自分の命と引換えに産み落とした赤ん坊の親戚を探しているうちに、ロシアンマフィアに近づいてしまう。ロシアンマフィアのボスのどら息子のドライバーNIkolai(Viggo Mortensen)は、恐ろしいがAnneに手を貸してくれたり・・
主演のViggo Mortensenの演技に脱帽。ミステリアスでクール!


個人的にはロシアンマフィアがファミリー内で英語で会話をしているところがNG.普通、家族では母国語でしょ。







2007⁄10⁄09 09:26 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








霧の上のNCタワー


友達Isabelleが、お国(フランス)に帰ることに。最後にCNタワーに付き合ってと。母達と一緒に登ったばかりで、1週間に2度も登ることに!しかもこの日(10/4)は異常な濃霧。きっと何も見えないねーと話しつつ、エレベーターに乗り込むと・・


IMG_1220.jpg霧の上に!そしてちょうどタイミングよくサンセットで幻想的。しばし言葉を失う。オンタリオ湖の濃霧が波打ち、ダウンタウンに流れてる様子が手に取るように分かる。IMG_1226.jpg
外の網にはどこから流れ着いたのかコウモリが。。こんな高いところまで飛べるなんてオドロキ。
IMG_1233.jpg
Isabelleとは前々回のESLで友達になり、その後もちょくちょく遊びにいったりと仲良くしていたので本当に残念。メイクアップアーティストの彼女、世界中を旅するのが趣味であり生活。お互いにフランス・日本を訪ねようと約束して、別れました。Good Luck!IMG_1242.jpg







2007⁄10⁄06 22:43 カテゴリー:toronto comment(0)
▲pagetop








母2人&姉 珍道中 8日目


トロント観光最終日。アルゴンキンで、さすがの母2人もお疲れ気味。ゆるゆると起床し、Union IMG_1202_1.jpgSta.を見物し、歩いて新・旧市庁舎。
そして友達のオススメ、Osgoode Hall Restaurant(416-947-3361)に。以前Door's Openのイベントにて中に入ったことはあるけれど、レストランの存在すら気づかなかった。。ライブラリーが素敵な裁判所。中に入る際、セキュリティーチェックがあるし、レストランはコスプレ(?)と疑いたくなるようなガウンを着た裁判官が食事をしているきちんとした場所で、一応服装に気を使っていて良かった。みんなでプリフィックスをオーダー。前菜にポテトとリークのスープ、メインはラム、デザートにパンプキンパイとアイスがついて約20㌦、かなりお値打ち。PICT0256.jpg雰囲気も良いし、料理も美味しい。一つ難点といえば、12時-2時までの超限定オープンなので、急かされる事。メイン食べ終わらないうちにデザート用意してアイスがちょっと溶けていたり・・。


お腹を十二分に満たし、Casa Lomaへ。水力で富を築いたHenry Mill Pellattの邸宅。建設費が負担になって破産したというまぬけなお人。IMG_1207_1.jpgこんな家に住んでたら全く休まらないと負け惜しみを言いつつ見学。IMG_1209_1.jpg
塔のてっぺんに登れる螺旋階段があり、頑張って登ってみるも工事中で何にも見られず。IMG_1208_1.jpg外のお庭をしばし散歩して帰宅。何故か初めての地下鉄と、ストリートカーに興奮気味の姉。。


翌日母2人は日本へ、姉はLAに無事に戻っていきました。トロントダウンタウンと紅葉とカナダを満喫してくれたのではないかと思います。IMG_1205_1.jpg












2007⁄10⁄05 05:52 カテゴリー:toronto comment(3)
▲pagetop








母2人&姉 珍道中 7日目 アルゴンキンパーク編


宿泊場所を2ヶ月前にサーチしたのにかかわらず、アルゴンキンパーク近くは取れずWilno red canoe innに宿泊。パークから45分もかかるとHPにあって、遠いと思ったけれど納得。アルゴンキンパークを抜けるとなにもない。。Wilnoの町も町というより集落だけれど、初めてポーランド人の移民が住み着いた歴史あるところ。朝食付きで一部屋70㌦。バストイレは共有だけれど、小奇麗でご飯も美味しい。img_244.jpg


アルゴンキンパークに戻り、まずはBeaver Pond Trailに。その名の通り、ビーバーの生息する池の周りを歩きます。ビーバーの巣もあちらこちらに。


明らかにビーバーの巣と分かる代物だけれど、あれで外敵から守れるのか疑問・・。IMG_0305.jpgimg_285.jpgビーバーは水位を確保するためダムまでつくるそうな。写真がそのダム。意外と大きくてびっくり。太い幹も齧った跡があったりと、ビーバーが今にもひょっこり出てきそうな雰囲気だけれど出会えず・・。紅葉のためのトレイルではないけれど、とても楽しめました。img_270.jpg
img_296.jpg


ビジターセンターでランチを取り、アートセンターに立ち寄り帰路に。残念ながらムースには会えなかったけれど、紅葉を満喫できました。



IMG_0339.jpgIMG_0354.jpg
img_255.jpg


 













2007⁄10⁄04 11:16 カテゴリー:short trip comment(0)
▲pagetop








母2人&姉 珍道中 6日目 アルゴンキンパーク編


今回の旅のメインイベントである、”アルゴンキンへ紅葉をみにいこうツアー”。連日の深夜帰りでくたくたの夫をたたき起こし、朝6時半に出発!ハイウェイ400を北上すると朝日がようやく昇ってくる。最近、日の出は遅いのです。そして10分進むごとに1度気温が下がる・・。そしてPICT0118.jpg朝焼けと朝もやの幻想的なことといったら!


予想していた渋滞にも巻き込まれず、3時間半程で到着。一面は色とりどりの山々!紅葉度70%といったところかな?(9月29現在)IMG_0056.jpg母達の歓喜の声に満足し、ぐんぐん車を走らせる。


まずはHardwood Lookout Trailに。1㌔弱の超簡単トレイルのはずが道がぬかるみ、歩きづらい~。でもまさに紅葉のトンネルを歩く感じ!IMG_0083.jpgほとんどがメープルだけれど、カラーパターンが何種類もあっておもしろい。IMG_0072.jpg


Killarney Lodgeでランチ。なんとも可愛らしいロッジ。母2人の旅行日程が決まってすぐに、宿泊予約にトライしたけれど、もちろん無理だったので、せめてランチだけでも。。


お腹を満たし、次はツアーバスは必ず立ち寄るであろうLookout Trailへ。この日も日本と中国からのツアーバスが沢山駐車していました。2㌔弱のゆるゆるした登りのトレイル。突然目の前が開けると!IMG_0183.jpgアルゴンキンパークが一望できる絶景。IMG_0174.jpg写真だと、緑の部分がかなりを占めているけれど、実際はもっとカラフル。湖と青空とのコントラストが美しい。


アルゴンキンパークといえば、紅葉だけでなく野生動物目撃のメッカ。ムースを見たい!ビジターセンターにて本日の野生動物目撃情報をチェック。Lake Opengoにてオスのムース目撃情報あり!これはいかねば。車を走らせると、プロかセミプロかといったカメラをもった人々がカメラを準備している。
IMG_0195.jpg聞くと、ムースがよく出没する場所らしい。(Lake Opeongoへ行く途中の開けた場所)img_233.jpgしばらく待って見るとムースさん現れず、仕方ないので人々をパチリ。


 


img_220.jpg


 


*写真のムースはビジターセンターの剥製。














2007⁄10⁄04 06:51 カテゴリー:short trip comment(0)
▲pagetop








母2人&姉 珍道中 5日目


トロント観光といえば、ナイアガラははずせない!心もとない運転で行って来ました。IMG_1179_1.jpgナイアガラに到着したら雲から晴れ間が!ねらってパチリ。3回目のナイアガラ、トロント在住中に何回いくかな・・。10年前に旅行で訪れたことのある義母曰く、町並みがかなり変わっているとのこと。母も町の中に突然現れる瀑布に驚いていました。そしてやっぱり「霧の乙女号」IMG_1190_1.jpg。9月下旬ということで、寒くないかが心配だったけれど、なんのその。本日も暑く、まったく問題なしでした。


それにしても滝つぼの泡の汚いこと。絶対、生活排水に違いないと思っていたら、自然発生らしい。HPより抜粋”ナイアガラ瀑布から流れ落ちる大量の水から出来る霧の中から蒸発した二酸化カルシュームが腐敗した藻類と混じり合いが泡を作っています。泡は下流に流れ水と混ざり消えていきます”へぇ、トリビア。


その後、Niagara on the lakeの町へ。滝から20,30分で到着。憧れのPrince of  Wales Hotelにてお手洗いを借りる・・IMG_1196_1.jpg・涙。でも内装も素敵!イギリス風家具が所狭しとおいてあり、壁紙だって隙がない感じ。お手洗いもゴージャス。。IMG_1195_1.jpg


ジャム屋さんGreavesで母達は大量のジャムをお土産に買い込み、オンザレイクの街をぶらぶら。こじんまりした可愛らしい感じが義母のストライクゾーンだったらしく、とても楽しんでいたみたい。


渋滞にはまらないよう4時には出発したかったけれど、結局5時半出発で帰宅ラッシュに巻き込まれ、岐路3時間近くかかってぐったり。母に甘えて夕食をお願いする。シャワー浴びてる間に夕食出来てるなんて、あー幸せ♪









2007⁄10⁄03 09:58 カテゴリー:short trip comment(0)
▲pagetop








母2人&姉 珍道中 4日目


本日もお天気微妙なり。ずっと天気が良かったので、誰かが雨雲連れてきたとしか思えない。。

姉のつよーい希望によりセントローレンスマーケットへ。私もダウンタウンで一番好きな場所。何時行っても、見たことない食材が売ってたりして楽しい。姉のお目当てはメープルシロップと生パスタ。6月に姉のLAの家に滞在した際、お土産にもっていってえらく気に入った様子。実は昨日も母2人を連れてきたばかり。昨日は地下の蜂蜜屋さんにつかまって、ほぼ全種類(十数種類)の試食をさせられ(←もういらないっていったのに、強制だった!)甘さにやられてふらふらになったところで、今度はメープルシロップ屋さんにメープルシロップを4種類試食させられそうになり、これは断固拒否。母はメープルシロップも試食。さすが、私にはとてもまねできません!


チャイナタウンで一際混雑していた富豪麺家(Spadina× Dundas近く)にてお粥と焼豚と野菜炒めでランチ。今日は冷え込んでいたので、熱々のお粥の美味しいことといったら!


そしてケンジントンマーケットへ移動。古着屋さんと国際色豊かな食べ物屋さんの並ぶエリア。日本の下北沢のような雰囲気で母の年代が楽しめるか???だったけれど、案外楽しんでいる様子でほっ。姉が、私のお気に入りショップBungalowにてリアルファーのリメイクバックを購入。CASA ACOREANA & LUIS COFFEE STOPにて珈琲で一息。


お次はCNタワーへ。以前、料金の高さに驚いて断念したので、初めて。IMG_1155_1.jpg高いところからだと見慣れた景色も違って楽しい。上からだと、トロントダウンタウンがいかに小さく(?!)前衛的建物と古い建築物が混在してるかが良く分かります。IMG_1168_1.jpgそしてグラスフロア。高所恐怖症の気があるので、汗かいた。でも怖いもの見たさが勝る。CNタワー、つい最近ドバイにあるタワーに世界一の座を既に奪われたらしいです。ただ今建築中の墨田タワーはそれをも抜くのかな?


そして本日メインイベントはシルクドソレイユのKOOZA!ただ今トロント公演中(10月21まで)義母も母も姉もシルクドソレイユを見たことあるとのことだけれど、大興奮の2時間半でした!IMG_1173_1.jpg人間業とは思えない芸の数々に口開きっぱなし・・。音楽もライブだし、最高のエンターティメント!ラスベガスが本拠地と思いきや、実はモントリオールからスタートしたらしいです。本日も1日良く遊んで食べた~。IMG_1174_1.jpg











2007⁄10⁄03 06:13 カテゴリー:toronto comment(0)
▲pagetop








母2人・珍道中 3日目


あいにくのお天気だけれど、本日もはりきって観光。まずはUniversity of Toronto校内を見学。足を踏み入れたのは、私も初めて。IMG_1152_1.jpg周りのビル群と対照的な古いレンガ作りで、雰囲気があって素敵。ツアーに参加してるわけでもなかったけれど、食堂とか廊下にふらりふらり入っていくと、中のインテリアも素敵。あんなテーブル一つ欲しいな。。IMG_1154_1.jpg新学期のシーズンだからか大講堂から学生がぞろぞろ。初々しさからいって新入学生かな。


お次はYorkvilleに移動してウィンドウショッピング。ブランド店を見たいという母2人に一言。消費税を考えてねと。一気に購買熱が下がった様だけれど、値段は変わらないので日本で購入をオススメします。アメリカと同じ気持ちでいると痛い目にあうのよ~。ホントに。

ROMを外からのみ見学、中はまだ半分くらいしかオープンしてないので、入場は今回はパス。代わりにお向かいにあるGardiner Museumに。陶磁器の博物館だからさらっとしてるのかと思いきや意外や意外にも、楽しい!特にマイセンのコレクションといったら圧巻。最上階のレストランもオシャレな感じ。そしてclay classがあるらしい。open classは金曜6-8と日曜1-3だそう。1度参加してみたいな。


夕方には姉が到着。申し訳ないけれどエアポートバスにてコンドまで着てもらう。2人家族が5人に!賑やか!!







2007⁄10⁄03 05:14 カテゴリー:toronto comment(0)
▲pagetop








母2人・珍道中 2日目


時差のためか早朝目覚め、やたら活発な母2人をつれネイルへ。爪を綺麗に整えてもらい、ランチで美味しいと評判の中華レストランPearlに。中華レストランとは思えないほど小奇麗で、飲茶も美味しくハーバーフロントのナイスビューが望めますIMG_1139_1.jpg


お腹もいっぱいになったところで、toronto Island行きフェリー乗り場に。ちょうどいったばかりで45分ほど待つ・・。そこへ黒人の姉妹2人。びっくりするほどかわいい!ママ曰く、お姉ちゃんのほうはミルクのコマーシャルに出演経験があるそうな。なるほど納得のかわいさ。


この日は記録的暑さだったらしく、9月も下旬だというのに30度超。母2人には寒いよー、暖かい洋服もってきてと散々言っていたので、想定外の暑さに2人ともふうふぅ。。インディアンサマーかな?
フェリーからはダウンタウンの絵葉書っぽい写真が撮れて大喜びの2人。IMG_1144_1.jpgそしてオンタリオ湖を海といってきかない母。だってカモメもいるしって。でも湖なんです!IMG_1146_1.jpg何かのイベントか島内にはアート(?)をちらほら見かけました。2,3時間散歩をして一旦帰宅。


いつもは帰宅の遅い夫に無理をいって、早めに帰ってきてもらいオイスターとロブスターのレストランRodney'sでディナー。大好きなオイスターの季節到来で私が食べたかったから(笑)オイスターとロブスターに舌鼓をうち、帰宅。この調子で食べてたら大変なことになりそう・・。










2007⁄10⁄03 04:20 カテゴリー:toronto comment(0)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2007 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。