torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








LAの旅 ヨセミテ編 2日目



IMG_1037.jpg一ヶ月前にLA行きを決定し、ヨセミテパーク内の宿泊施設の予約開始。このベストシーズンのパーク内宿泊は超困難なんですが、毎日HPとにらめっこしてたら運よくCurry Villageのバストイレ付ロッジが開いてた!本当にラッキー。IMG_0996.jpgロッジはこんな感じ。中は小綺IMG_0995.jpg麗で快適でした。
テントはこんな感じ。森の中のビレッジなので、クマ注意の看板があちらこちらに。テントに宿泊すIMG_1031.jpgる場合、においのあるもの(食べ物・化粧品・歯磨き粉)洋服以外は全て(?)専用ストレージに保管しなければいけません。ちょっと面倒かも。IMG_0922.jpgでもクマと朝ごはんではなく、クマの朝ごはんにならぬようルールは守りましょう。「野生動物にえさを与えることは殺すことと同じ」という標語にぐっときました。
昨夜はトレイルの疲れで早々に就寝したため、朝は早くから目が覚めお散歩に。朝の散歩こそパーク内に宿泊した醍醐味!IMG_1012.jpgIMG_1018.jpg


なんとなんと鹿の朝ごはんに遭遇。IMG_1008.jpg
Half Domeに登る朝日に水面がきらきらと輝いて鳥肌もの。神々しい美しさ。あまりに完璧な大自然で不自然さすら感じるくらい。


LAまで5時間の道のりドライブが待っているので早々にチェックアウト。いくつかのビュースポットをめぐりつつ帰路に。


IMG_1036.jpgYosemite Fall。739mの高さから落下するこの滝はなんと世界で5番目の高さを誇るそう。ちなみに、北米ではNo.1!姉曰く、やはり5月より水量は少ない。滝の迫力は5月、緑の美しさは6月がベストか?滝はほぼ雪解け水のため8月以降はたびたび滝は枯れてしまうらしいです。IMG_1043.jpg
Glacier Pointもはずせないスポット。見事なHalf Domeと富士山級の高さのSierra Nevada山脈が一望できます。IMG_1051.jpg本格登山者は、この山脈を何ヶ月もかけて登山するそう。超人的。


ちなみに、Half Domeもロッククライマーの聖地だそう。2,3日かけて登るらしい。ぶら下がって就寝や食事ってこと?!こちらも超人的。
Half Domeの上に行かれる10-12時間コース上級向けトレイルもあります。最後はほぼ垂直に感じる角度の斜面を2本の綱で登るらしい・・。備え付けの望遠鏡からDomeの上にいる人が見えたのにはびっくり。

週末一泊のみでは物足りない!!


番外編*アメリカ人の憧れアワニーホテルも見学。IMG_1042.jpgIMG_1039.jpg一泊400㌦以上・・夢のまた夢。













スポンサーサイト



2007⁄06⁄30 01:10 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








LAの旅 ヨセミテ編 1日目


今回のメインイベント、ヨセミテ国立公園へ。LAを朝4時に出発して、9時頃到着。South IMG_0898.jpgparkmap508.gifEntranceから入り、まずはMariposa Groveへ。ジャイアントセコイアの木々の森。ジャイアントというだけあり本当に大きい!!樹齢3000年近いものもあるそう。IMG_0908.jpg
そしてトンネルを抜けると・・・トンネルビュー!義兄の「期待以上の景色だよ」という言葉通り、期待以上の絶景!(姉夫婦は去年5月以来2度目のヨセミテ)IMG_0911.jpg左の絶壁がEl Capitan,右奥にBridalvail Fall,そして中央奥にHalf Dome。太古の昔氷河によって形成されたというYosemite Valleyの絶景。自然の力って偉大。


車を走らせ、宿泊地であるCurry Villageへ。IMG_0917.jpgEl Capitanはロッククライマーの憧れの地だそう。肉眼では難しいけれどぶら下がってるクライマーを見ることもできるそうな。


クライマーさんがんばれーと心の中で声援を送りつつ、車でラクラク。でもパーキングまで。


本日は、二段滝であるVernall FallをぬけてNevada Fallまでの中級コース(11㌔ 5ー6時間)に挑戦!水と食料・カッパをバックパックにつめこみいざ出陣。IMG_0934.jpgミストトレイルというだけあり、下段の滝Vernall Fallの道は濡れてて滑りやすい。姉曰く、5月は倍以上の水量があってこんなもんぢゃなかったーとのこと。


Vernall FallIMG_0943.jpgの頂上にて。こんな小さい子も登っててすごい。ここで一休みしてるとリスがいっぱい。人なれしててこんなに近くまで。って近すぎですからっ!えさをあげている人もちらほら。野生動物なので止めましょう。IMG_0938.jpg

上段の滝Nevada Fallへ。IMG_0951.jpgここからがきつい!急勾配の石段を延々と・・。膝が笑う。さすがにこのトレイルまでくると子供はいませんでした。IMG_0956.jpg

IMG_0965.jpgようやくたどりついたNevada Fallの頂上。足がすくむIMG_0967.jpgー。落ちたら確実に死。でも超絶景が望めます!
IMG_0962.jpg頂上にてランチタイム。すると馬がぱかぱか。IMG_0963.jpg荷物を運んでるようでした。帰路はミストトレイルではなく、馬が来た道。馬の落し物がたーくさんあって踏まないように注意しつつ(途中で乾いていたらよしに変更・・苦笑)結局4時間ちょっとで完徒。久々本格ハイクでぐったり。でも絶景ポイントから見る景色とまた一味違って素晴らしかった!IMG_0979.jpg

















2007⁄06⁄29 00:34 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








LAの旅 アメリカ入国編


6月14-25日まで、姉の住むLAに行って来ました。


アメリカ入国の際、心配だったことが現実に・・。トロント国際空港、何故かチェックインを済ますとアメリカ入国手続きがあります。まだカナダなのに!便宜上のことなんだろうけれど、不可解。心配事とは、アメリカのビザがまだ紙上は有効期限内にみえるということ。アメリカビザとカナダビザ、両方有効のようにみえる・・。チェックインカウンターのスタッフに聞くとI-94はアメリカビザホルダー用(白)でいいよって。ほんとかっ?と疑問視しつつイミグレにいくと・・イミグレ「どこに住んでるの?」私「トロント ダウンタウン」イミグレ「はぁ?だからハズバンドはアメリカ?」私「いや、トロント。転勤で今はカナダのビザも持ってるし」イミグレ「だからぁ、ハズバンドはアメリカビザ持ってるんでしょ、イエスかノーかで答えて!」私「・・・イエス?でももうトロント・・・」イミグレこの辺りで、ぶちぎれ。私、怖くて小さくなる・・。カナダビザを指し示そうとしてもパスポートに触るなって怒る。ようやくカナダビザの存在に気づいたイミグレ、隣の人とこそこそ。そして大声で「彼女はアメリカとカナダのビザ両方もってるんだ!日本人なのに!!こんな奇妙なことがあるもんか!」って。だからアメリカビザは紙上は有効期限内だけれど実質期限切れだと思うよって何度も説明をしようとしたのに、イエスかノーかで答えよなんていうから!!そして当然個室行き。警察官はイミグレよりも優しかったのがせめてもの救い。結局I-94はノンビザ(緑)に書き直し。イミグレ、高圧的態度なのは仕事のためと分かるけれど、人の説明聞いてよ!







2007⁄06⁄27 23:55 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








LAへ


明日より10日間、LAに行ってきます。夫の今年は夏休み取れないとの一言で、姉の住むLA行きのチケットを手配開始。1年半ぶり3度目のLA、今回の最大のイベントはヨセミテ国立公園に行くこと!!そしてトロントでは手に入りづらい日系の物を買いあさること、大好きなオーガニックスーパーTrader Joe'sに行くこと!楽しみ、むふふ。 PICT0037.jpg(前回の写真:メキシコ・ティファナとJoshua Tree国立公園へ)PICT0060.jpg







2007⁄06⁄14 00:42 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








The Wind That Shakes the Barley(邦題 麦の穂をゆらす風)


Bloor Cinemaにて見たいと思っていたイギリスの巨匠ケンローチ監督"麦の穂をゆらす風”が3日間のみ上映されるのを発見。2006年カンヌのパルムドール受賞作です。
20070606090548.jpg舞台は1920年アイルランド南部の町コーク。イギリスの支配下にあり貧困にあえぐアイルランド人の医師を志ざすダミアンは、当初アイルランド独立義勇軍に対して批判的。イギリスの強大な軍に対して何が出来るのかと。医師としてロンドンに出発する日、駅での出来事が彼の気持ちをかえ、兄テディと共に独立のために戦うことを心にきめます。イギリスはゲリラ的戦いに手を焼き停戦を申し入れ、アイルランドと講和条約を締結するが、真の独立は保証されていず、アイルランドの北はイギリス領へと分断されてしまう。真の独立を目指す弟デミアンと講和条約賛成派の兄テディのグループの内戦が始まりついに兄テディが弟デミアンを処刑するはめに・・。

あまりに悲惨で希望のない戦争。身内同士が殺しあうなんて。ハリウッド戦争映画のようにマクロの視点ではなくミクロの視点からなので本当にリアルで打ちのめされました。個人的には最近見た戦争映画”硫黄島からの手紙”なんかよりもずっとずっとよかった。ただし、時代的背景をあまりにしらなかったのと、イングランドの発音で台詞はあまり理解できなかったけれど・・苦笑 


イギリスの正式名称がグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国なる理由はこの講和条約だったんだ。そしてIRAといえば、テロ集団ぐらいの認識しかなかったけれど、もともとは祖国の自由獲得のための組織だったんだとか知らないことが多すぎました。映画を見る際は少なくとも公式HPの解説を先に読むことをオススメします。解説にあるイギリス少佐の言葉”アイルランド人が「反乱を自分たちで鎮圧する」ことができるように「何らかの形態の自治政府」を持たせる必要がある。「鎮圧できるのは彼等しかいない。」そしてアイルランド人はそれを実行した。”イギリスはアイルランドを押さえ込むために意図的に内戦を促したんですね・・これってイラク戦争に通じるような・・







2007⁄06⁄06 23:41 カテゴリー:movie comment(0)
▲pagetop








Balzac's Coffee@ the distillery district


LUMINATOボランティアで行ったthe distillery districtに今度は遊びで行ってみました。蒸留所跡地&ビクトリア工業建築物として保護されているこの地域、この数年で商業地として再開発されたそう。横浜赤レンガ倉庫か、恵比寿ガーデンプレイスかといった感じ?ギャラリー等も沢山あり雰囲気も○。


トロントで美味しいコーヒー屋さんとして有名なBalzac's Coffeeへ。IMG_9144.jpg一歩中に入ると、天井から大きなシャンデリアのあるおしゃれーな空間!コーヒーももちろん、とても美味しい。それもそのはず、Toronto StarIMG_9146.jpg(地元新聞)のベストコーヒーショップに選ばれたこともあるらしい。ミルクもオーガニック使用でかなりのこだわりの感じられ◎。



この時期、the distillery districtでは毎週末のようにイベントが開催されるよう。この日はキューバンミュージックとジャズのフリーコンサートがありました。
IMG_9148.jpg
往復はもちろん、LUMINATOの一部L'ART BOAT(無料!)にのって。看板犬ものーんびり。IMG_9130.jpg

IMG_9128.jpg







2007⁄06⁄06 01:42 カテゴリー:cafe comment(0)
▲pagetop








"NORMAN"by 4D ART


LUMINATOのイベントの一つ、"NORMAN"を観て来ました。2時間前に劇場に行きラッシュチケットをゲット。15㌦なり。ほとんど全て(TOUGH!以外)の有料イベントでは当日券が15㌦で購入できます。thea_norman.jpg

天才アニメーター&実験映像作家であるノーマン・マクラレンの作品とダンスを組み合わせた舞台。まず、掴みが素晴らしい!そしてダンサーがすごい!1人舞台でおよそ100分踊りきります。ノーマンのフィルムとダンスが見事にマッチしていて、すごく斬新で前衛的で素晴らしい舞台でした。最後にはスタンディングオーベーション!!

4Dとは通常3Dに時間軸を加えたことを言うらしいけれど、この作品は、舞台(3D)に映像を加えて4Dと言っているのかノーマンの歴史軸で4Dといっているのか・・?色々意味が考えられそう。


4D ARTというパフォーマンスアートグループ、北米各地で活動しているよう。今後またトロントにきたら是非見てみたい。








2007⁄06⁄04 11:44 カテゴリー:event comment(2)
▲pagetop








アートイベント Luminato


明日6月1日ー10日までアート系総合イベントLuminatoがダウンタウンにて開催されます。luminato.jpg
10日間で100以上のダンス・音楽・シネマ・文学・ビジュアルアート等イベントが催されるよう。徒歩圏内でもかなりのイベントがあるようで楽しみ。


楽しみついでに、ボランティアに応募してみました。・・・私の英語力では不安もあるけれど・・・ボランティアのためのトレーニングセッションにて、英語があまり上手くないんだけれど大丈夫?って聞いたら”大丈夫よ!あなたの言ってること理解できるから”って・・・・加えて”チームで活動するから分からなかったら誰か教えてくれるから”って。足手まといにならない程度にがんばろう。









2007⁄06⁄01 12:29 カテゴリー:event comment(5)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2007 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。