torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








Inglourious Basterds


Toronto国際映画祭もいよいよ間近!9月10~19日までの9日間の映画の祭典が始まります。本日よりBox Officeにてチケットの販売が開始されたよう。夜通し並ぶ人の映像がニュースでやっていました。
昨年はボランティアをしたり、10本以上の映画を鑑賞したり映画三昧で楽しみましたが、さすがに臨月の身。今年は大人しくしています。

今年の映画祭よりある都市にスポットライトを当て、そこが舞台の映画を上映するcity to cityが新たにカテゴリーに加わった様子。第1回目の今年はイスラエルのテルアビブ。中々お目にかかることのない映画が鑑賞できるのが映画祭の楽しみ!

日本からは是枝監督のAir Dollなどがくるようです。主演のオダギリジョーはトロント滞在するかしら~??

さてさて、先日話題のタランティーノ監督作品Inglourious Basterdsを観てきました。
09021301_Inglourious_Basterds_16.jpg  タランティーノらしい、バイオレンスとB級な笑いに満ちた作品。2時間半という長丁場でしたが、あっという間でした。

1941年のナチ占領下フランスから幕を開けます。農家に匿われていたユダヤ人のショーザンナはナチスの将校・ユダヤハンターことハンスに家族を殺され、間一髪で1人逃れる。そして、フランス人と偽り映画館の美人オーナーとしてパリで暮らす日々。何時か家族を皆殺しにしたナチへの復習を誓いながら。
同時期に、ユダヤ系アメリカ人の特殊部隊として結成されたのがアルド(ブラットピット)率いるBasterds。ミッションはナチを殺すこと。
ナチスの若い英雄がショーザンナに思いを寄せるようになり、彼の計らいで、彼女の映画館でナチス映画のプレミア上映をすることになる。その情報を聞きつけたBasterdsは好機を逃すまいと、映画館への侵入を試みる。それとは別に、ショーザンナはナチへの復習の為の計画を練り始める・・・。

いたるところに目を背けたくなるようなバイオレンスなシーンで胎教には非常に良くなさそう。。タランティーノらしく、細か~いところに笑いが散らばっています。ただし、スラング満載、訛り満載(ブラピは特にヒドイ!)で英語部分の半分以上分からなかったのが残念。日本語字幕で見直したい。。




スポンサーサイト



2009⁄09⁄03 10:40 カテゴリー:movie comment(4)
▲pagetop








Three Monkeys


2008年度カンヌ監督賞受賞作、トルコ映画Three Monkeysを観てきました。200px-Three_Monkeys_poster.jpg

政治家Servetはある夜、ひき逃げ事故を起こしてしまい、その罪を毎月の給与と大金と引き換えに運転手Eyupに肩代わりさせ、刑務所に入れる。Eyupの息子Ismalは2度目のカレッジの入学試験に落ち、ドライバーの仕事がしたいというが、車を購入する資金が無い。母親Hacerは、キッチンで働くが、暮らしは良くない。
Ismalは、車購入資金のため母親に政治家Servetに前払いをするように頼みに行くように言い、首尾よく前払いをしてもらえる約束を取り付けるが、政治家Servetは母親Hacerを取り込み、関係をもつようになる。9ヵ月後、刑務所からでてきた父Eyupは自体が思わぬ方向に行っていることに気付く・・そして・・。

お題のThree Monkeysとは見ざる言わざる聞かざるの意味らしいです。家族3人とも秘密を抱え、それを見ない言わない聞かないの意味なのかな・・?それとも自分を守るという正義のために、不徳を見ない言わない聞かないの意味なのかな・・?

ストーリーとは関係ないですが、イスラムの国トルコが舞台なので、深夜のバーで男達がお酒でななく、お茶をしてました。。

 







2009⁄05⁄21 17:02 カテゴリー:movie comment(0)
▲pagetop








Sunshine Cleaning


sunshinecleaning.jpg 2007年度大ヒット作(単館系で・・)のLittle Miss SunshineのチームによるSunshine Cleaning観てきました。

シングルマザーで仕事はハウスキーパー、そして大学時代の恋人と不倫中というがけっぷちの姉Roseと、全ての社会的責任を放棄し世の中にイラつく妹Norahが、事件現場の清掃の仕事を立ち上げるコメディ。

Roseの息子は小学生ながら素行不良(?)により退学。彼に私立の学校に行かせるにはお金がかかる!姉Roseは妹Norahを誘って特殊な清掃業を始める。殺人や自殺後のスプラッターな現場で、2人は喧嘩をしつつも人の死にかかわる大事な仕事だと意識し始める。仕事が起動に乗り始めた頃、ある事件が・・・。

Little Miss Sunshineにもおじいさん役で出演していたAlan Arkinがおじいさん役で出演。いい味出してます!へんてこ家族のコメディだけれど最後はほっこりとほろりとさせます。大好きなタッチ!Little Miss Sunshineがはまった方、お勧めです!

 







2009⁄04⁄18 18:46 カテゴリー:movie comment(6)
▲pagetop








Wendy and Lucy


wendy.jpg 先日、シアター番号を間違えて見られなかったWendy and Lucyを観てきました。今回は入念にシアター番号をチェック。間違えてなるものかっ。

上映5分前にも関わらず、先客はたった一人。彼女が一言、”よかった~私1人かと思ったわ。”って。ふふふ、分かる分かる。シアター1人ぼっちってすごく寂しいの。私も1人だったらどうしようって思ったこと何度もありますから 笑。マイナー映画好きの宿命か?

Wendyはアラスカの缶工場で働くために、500㌦ちょっとの全財産とおんぼろ車、そして愛犬Lucyと一人旅に出る。途中オレゴンで車が壊れてしまい、ドックフードも底をつく。1ドルも余計に使えないWendyはスーパーで万引き。もちろん、捕まり警察で取調べを受けている間にLucyが失踪。駐車場の警備員の助けを借り、彼女の唯一の拠り所、Lucyを探す・・・・。

なんというか、彼女の置かれた環境に希望がない。金なし仕事なし家なし電話なし、そして頼みの家族はつれない。まさに今、世界的恐慌で仕事を失った人達はこんな状況なのかもと考えされられる作品でした。







2009⁄03⁄27 19:12 カテゴリー:movie comment(0)
▲pagetop








嗚呼、勘違い。 Owl and the Sparrow


仕事を探しにアラスカに犬と旅をする話Wendy and Lucyを観にいきました。。と言いたいところですが、シアターの番号を間違えたらしく、気付いた時には時遅し・・ベトナム映画Owl and the Sparrowを観てきました。owl.jpg

孤児で10歳のThuyは、郊外の叔父の経営する工場で学校にも行かせて貰えず働く日々。ある日、仕事を間違えたことで叔父に役立たず!と罵倒されホーチンミンに逃げ出す。ストリートチルドレンとして薔薇を売るようになり、その状況を可愛そうに思ったフライトアテンダントのHaiのホテルに宿泊させてもらう。Haiはその頃不倫に疲れ、癒しを求めていた。同じ頃、Thuyは動物園の飼育士Lanと出会い、2人を取り持ちたいと思うようになる・・・。

ストーリーは心温まるシンプルなラブストーリー。でもきっと実際ストリートチルドレンの環境はもっとシビア、こんなファンタジーなどないんだろうな・・と。

も一つ、勘違い。以前non_caさんがお料理で紹介されていたKale(といえば青汁!)にトライしようとして買ったつもりが、家で気付いたらCollard greenという別物。ともかく、ごわごわの硬い葉っぱで、さてどうしようとレシピを調べたらアフリカンキャベツといわれる180px-Collards_in_container.jpg ソウルフードとのこと。・・・ソウルフードといえばNYのハーレムでトライして夫が唯一食べられなかったもの・・・。レシピ通り、オリーブオイルでニンニクと玉葱をいため、茎を除いた葉っぱのみ投入して塩コショウ・ブイヨンで煮込むこと2時間以上。そっと夕食に出したらウマイウマイと食べてくれてほっ。







2009⁄03⁄20 10:32 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop








Man on Wire


アカデミー賞・サンダンス映画祭ともにドキュメンタリー部門の受賞作Man on Wire観ました。manonwire.jpg

1974年8月7日、完成したばかりのワールドトレードセンター(今は無き・・)の間ににロープを張り、フランス人のPhillippeは綱渡りをするという偉業を成し遂げた!20世紀最高の芸術的犯罪を追ったドキュメンタリー。当時の写真と映像と当事者のインタビューで構成されています。
パフォーマーPhillippeの、綱渡りをする時の表情がイイ!仲間の1人がインタビューで答えてたように、Ageless face, like a Sphinxという言葉がぴったり。集中と緊張と人の限界を超えた力とで何とも言えない顔。

高所恐怖症の私には全く考えられないけれど、チャレンジャーとはいるものですね。man2.jpg







2009⁄03⁄10 14:44 カテゴリー:movie comment(4)
▲pagetop








The Reader(邦題・愛を読む人)


アカデミー賞で主演女優賞を得たケイト・ウィンスレットの演技を観なきゃと、そそくさとThe Reader観てきましthereader.jpg た。

1958年ドイツが舞台。15歳のマイケルは具合が悪く、道で吐いているところを21歳年上のハンナが助ける。お礼にと後日訪れたマイケルは、ちょっと危険な香りのするハンナに惹かれ2人は関係を持つようになる。ハンナはマイケルに本の朗読をするように頼み、マイケルはハンナとの関係にのめり込む様になるが、突然ハンナが姿を消す。そして再開は8年後。法学生になったマイケルがナチスの戦争犯罪を裁く法廷に公聴にいったところ、ハンナが被告人として裁かれていた。。ハンナは自身のプライドの為に”ある事”を隠し、そのために他の被告人と違って無期懲役刑の実刑を受けるのだった・・・。

いつも眉間に皺を寄せて、陰のあるハンナをケイトが好演!!はらりと涙しちゃうシーンも。

本がベースの話なので、是非本も読みたいな。







2009⁄02⁄25 17:08 カテゴリー:movie comment(5)
▲pagetop








2009 アカデミー賞


昨夜は8時からTVの前にかじり付き、アカデミー賞授賞式を観ました。

会場のコダックシアターはいかにも手狭。着飾ったセレブで一杯、目の保養~。一際目立つのはやっぱりブラピ・アンジー夫婦。アンジーの美しさといったら!エメラルドのジュエリーがよく似合っていてシックで素敵。

さてさて、本命の作品賞は予想どおりSlumdog Millionaire!個人的にもこの映画はとても面白かったので嬉しい!スターなしでここまで盛り上げた監督の手腕がすごい。主演男優賞はこちらも予想通りMILKのショーン・ペン。だって映画の中で彼はゲイそのものだったもの。演技には見えなかった 笑。主演女優賞はThe Readerのケイト・ウィンスレット。この映画は観てないので、早速見に行かなくちゃ。それにしてもケイトはいい感じに歳をとったなぁと。壇上に上がってスピーチをした彼女の可愛らしいことといったら!皺やシミを隠さず、喜びを素直に表現する姿にちょっと惚れました。

嬉しいオドロキは日本のおくりびとが外国語賞を取ったこと!Waltz With Bashir が本命かと言われていただけにDepertuars(おくりびとの英語タイトル)を聞いたとき、思わず声をあげちゃいました。トロントでも上映しないかな~。

 







2009⁄02⁄23 11:30 カテゴリー:movie comment(7)
▲pagetop








CHE Part1&Part2


CHE 二部作観てきました。CHE_0.jpg

かの有名なキューバ革命のゲリラ指導者、チェ・ゲバラの革命からその生涯を閉じるまでを描いた大作。

アルゼンチン人で医者であるチェは放浪先のメキシコでカストロと運命的な出会いをし、キューバに渡る。資本主義(特にアメリカ)からの搾取に苦しむ南米の人々を救うという理想と信念をもって。彼はそれを実現するためには武力でしかありえないと考え、ゲリラを訓練しキューバ革命の成功へと導く。チェの栄光の時代・・ここまででPart1。 

キューバ革命の約5年後。理想に燃えるチェはボリビアに渡り、貧しい暮らしを強いられている農民や炭鉱夫に革命に参加するように呼びかけるも、時代も変わり共感を得られない。それでもキューバ時代で培った成功法にすがり、ゲリラで革命を起こそうと山奥にこもるが、志半ばでその生涯を閉じる。・・・Part2

2部作が途中休憩を挟んで5時間弱。台詞は主にスペイン語で英語字幕を読まなきゃならないしで疲れた~。でも世界史好きの私には面白かったです。戦場であってもゲリラ兵達はユーモアを忘れない。中国の文化大革命に関する映画も幾つか見たけれど、その時に感じた狂気感がないのはラテン気質ならではかな。チェの思想はあまりに理想主義で理解を超えるところだけど、何かに向かってひたむきに走る男はかっこいいの一言!







2009⁄02⁄21 23:13 カテゴリー:movie comment(4)
▲pagetop








MILK


milk.jpg ショーン・ペン主演MILK観ました。

実話で1970年代サンフランシスコが舞台。ゲイのMilkはゲイ通りにてパートナーとカメラ店を開く。当時、マイノリティーであるゲイは社会的権利がなかった。Milkは次第に頭角をあらわし、ゲイを公言した候補者で初のサンフランシスコ市会議員に当選。ひっそりと暮らすしかなかったゲイ達にクローゼットの中から出る(coming out)するように呼びかけ、社会的に存在を認めさせ権利を獲得する運動のさなか、同僚に殺害されその生涯を閉じる。

他人と違うことを公言するって本当に勇気のいること。でもその小さな声が世界を変えることが出来るんだなぁと思いました。昨年カルフォルニアで同姓婚を認める条例が否決されたばっかりで、まだまだ同姓愛者の権利獲得の道のりは遠そうだけれど。。

ちなみに、ここトロントは同姓婚が認められて、道端でちゅっちゅしているゲイカップルを見かけます。というかワザと見せつけてる気がする、彼ら。。







2009⁄02⁄10 22:28 カテゴリー:movie comment(2)
▲pagetop










| HOME | next »

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2017 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。