torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








36週目健診


先週末、恒例のSt. Lawrence Marketに買出しの帰り、聞いたことのある歌が。前を歩く子供達が歌っている様子。

”ポニョポニョポニョ~×△×△・・・♪”なんと英語版、「崖の上のポニョ」でした!こちらでもようやく上映が始まり、早速観たのかな?宮崎監督ファンの私は日本からDVDを送って貰って鑑賞済。マイベストの「トトロ」に通じる可愛らしさ!そして「腹の上のポニョ」と替え歌が流行ったのは我家だけではないはず・・笑。

話替わり、臨月に突入し益々お腹が大きくなってきました。最近、体の幅を読み間違えること多々あり。椅子に座ろうとしたらテーブルと椅子の間に挟まったり、ドアを通ろうとしたら狭すぎて挟まったり・・。先日料理中に鍋に近すぎたらしく、はねたお湯でお腹を火傷。。イテテ。

昨日いった36週目健診でもお腹火傷してるね?とドクター。料理中にと説明したら、よくあることだけれど気をつけてね~って。私だけじゃないのね 笑。今週に入って朝晩が冷え込み始めた為か咳が出ます、と訴えるも来週の健診までには治っているといいね~って。・・いや、別に世間話をした訳ではないんですけど。期待してたわけでもないけれど、何か処方してくれることもなくスルーでした。ですよね。

ただ、お腹が小さいらしく、ベビのサイズを測るため、来週3度目のエコーが受けられることに。以前も書きましたが、カナダは通常エコーは2回のみ。1回目は12週前後にダウン症の可能性を検査。2回目は20週前後に内臓等の詳細を検査。妊娠折り返し地点20週後は、ベビに会えることなく出産を迎えるのが普通なのでラッキー!
でも既に体重は10キロ弱増えているし、これでベビが小さいと言われたら増加分体重はどこへ行ったのでしょうか・・汗。

そして臨月に入ったにも関わらず、一度もあの恥ずかしい診察台に乗ったことがありません。後期に入ってからようやく子宮底長を計り、心音を聞いて、問診のみの診察。簡単・楽ちんでいいけれど、日本から取り寄せた母子手帳がほぼ白紙のまんま!必要なかったかしらん??




スポンサーサイト



2009⁄08⁄27 16:49 カテゴリー:matanity life comment(2)
▲pagetop








ちくちく手作り


とうとう妊娠生活も35週に突入。もう、いつ産まれてもおかしくはない時期。

ですが!まだ早い~。来週には大きなイベントの出席も控えているし、予定日の3日前に母が手伝いに来るので、それまでは待って~と毎晩毎晩言い聞かせてます。

ここ数日しんどいのは上手く眠れないこと。妊娠初期から3回は夜中に起きるようになりましたが、昼寝でカバー 笑。ここ何日かは昼寝も上手く出来ない。。疲れればぐっすり眠れる?と思い、通常1時間の散歩を炎天下2~3時間に延長+1時間半のヨガクラス(マタニティー用ではなくアシュタンガ)をとったりしても、眠れず。。筋肉痛と疲れのみ残る・・。

今一番の希望は夜ぐっすりと朝まで熟睡すること!って叶うのは数年後か・・。

そんな中、ちくちく手作りしてたものが幾つか完成。IMG_1050_1.jpg キルトで作ったプレイスマット+オムツケース、お魚のにぎにぎ、以前UPしたブサイクおもちゃなど。(クマのぬいぐるみは頂き物です)
自己満足この上ないですが、産まれてくる子の事を考えながらちくちくするのは楽しい♪

まだ少し時間があるので、まだ何か作れるかな~。







2009⁄08⁄19 09:36 カテゴリー:matanity life comment(10)
▲pagetop








サプライズ!!!


今日は体感気温35度という予報どおりに蒸し暑い日。トロントではとてもめずらしい。IMG_1022_1.jpg

さて妊娠生活も、あと2日で34週(9ヶ月後半)に入ります。はやいはやい。お腹のベビも元気一杯で、でんぐり返しでもしているのか、お腹の形が三角形になったり四角形になったり。お腹ってこんなに妙な形になるんだ~と自分の事ながら感心してます。。

今朝、数日ぶりに体重計にのったらオドロキの数字が。とうとうやってしまいました、元の体重+10㌔越え。。10㌔以内に抑えようと密かに目標をたててましたが、時すでに遅しの模様なり・・・。

ただ今、3月に帰国したmomo家が2週間の予定で滞在中!たったの4ヶ月ぶりだけれど、娘さん2人の成長の早さにびっくり。momo家とは家族ぐるみで仲良くしていたので、夫共々心待ちにしていて、チャイニーズレストランPearlに行ったり、ベトナムレストランHanoi 3 Seasons(以前の記事→)に行ったり、我家でBBQしたりと食べに食べまくっています。これだけ食べてりゃ10㌔越えも仕方なしですね~・・。

実はBBQ当日、momo旦那様のバースディ!友達と相談して、こっそりとケーキを用意してサプライズ!してやったり~とほくそ笑んでいたら、またやられちゃいました。090808_015.jpg

momoと親交のあったご近所の友人たちを集めてポットラックパーティーを企画。家を提供してくれる友人宅のドアを開けると、みんなお揃いでお腹に風船入れて、「おめでとー♪」と。

Welcome back momo partyだったはずが、私のbaby showerに!嬉しいやら、恥ずかしいやら。
お部屋は風船で可愛らしく飾り付けられていて、心のこもったカードと素敵なプレゼントも頂いちゃいました。本当にありがとう。

IMG_1006_1.jpg
先輩ママさん達が、異国で楽しそうに(もちろん、大変なことも沢山あるとは思いますが・・)子育てをしている姿は、何より励みになります。
沢山の友人に囲まれて、勇気百倍!

IMG_1008_1.jpg

 

 

 







2009⁄08⁄10 17:24 カテゴリー:matanity life comment(4)
▲pagetop








Prenatal education class


あと2日で妊娠生活も9ヶ月に突入です!残すところ約2ヶ月。悪阻がなかったためか、とても早い。

出産予定のMt.Sinai Hospital主催、Prenatal education class(両親学級)に週末2日間参加してきました。平日数回に分けてのクラスもありますが、夫も参加するため夕方6時からなんてムリ!土曜・日曜の朝から夕方まで。人気のクラスなのか、安定期入ってすぐに予約したにもかかわらず、第一希望日はとれず。希望する妊婦の方、早め早めの予約をお勧めします~。

まず初日は妊娠後期のトラブルから始まり出産まで。
妊婦の腰痛マッサージの仕方や陣痛時のリラックス方法をパートナーと実践、そして出産後の母親のケア方法(パートナーの支えの大切さや母親の時間のとり方)なども。むしろ父親学級??妊娠・育児は父親の”手伝い”ではなく”共同作業”だということをみっちりと教え込まれます・・笑。
090725003.jpg 
ランチタイムを挟んで病院ツアー。写真のようなサインにしたがってレッツゴー。090725007.jpg

分娩室はこんな感じ。バストイレも付いてます。産んだら2時間後には病室に移るそう。入院は通常1泊(帝王切開でも3~4日)。がんばらねば・・。

クラスに戻って、出産の様子をビデオ鑑賞。な~んと脚サイドから撮影しているため、出てくるところがばっちり見える・・。立ち会っているパートナーも頭サイドで励ましているだけではなく、脚をおさえたりと参加している様子。実際のところはどうなんでしょ。。ある男性が、どのくらいの割合で立会人は倒れるのかと質問してました・・笑。

そしてepidural(部分麻酔)についての説明も。カナダは無痛分娩が普通のため、かなりの割合の人が使用することを選択するのではないかな?もちろん国民保険でカバーされるのでフリーです。

2日目は出産後の母親とベビーのケア方法。おむつ換えやお風呂の入れ方、母乳あげ方、カーシートの安全な取り付け方法、そしてベビーのトラブルなどなど。Mt.Sinaiは母乳育児に力をいれているのか、この説明が長かったように思います。

久々の英語漬の2日間。疲れた~。分からない用語もたっくさん。こちらで出産すると決めたからにはドクター&ナースと意思疎通できるぐらいには覚えておかなくちゃ。

出産から出産後のだいたいの流れは分かったので、本番パニックにならないよう祈ります・・(←神頼みか?)予定日3日前に母に手伝いに来てもらう予定なので、予定日どおりに生まれてくるよう、毎日お腹のベビーにも言い聞かせてます。

 







2009⁄07⁄27 17:55 カテゴリー:matanity life comment(13)
▲pagetop








糖尿病研究所にて・・


カナダでは妊娠中期に糖尿病かどうかの血液検査をします。前回の健診で血液検査をし、結果はノーマルでしたが、そこでスカウトされました。

アイドルとかではもちろんなく、糖尿病の研究のモルモットに・・。

妊娠30週前後と、出産3ヶ月、1年後の通常よりも細かい項目の血液検査と、産まれてすぐの母乳のデータを計り、妊婦の糖尿病の研究に役立てるのだそう。そのためにノーマルな人のデータも必要なのだそうな。時間はたっぷりあるし、微力でも病気研究のお役に立てればという軽い気持でOKしました。体質的に大量に採血されても、ふらふらしたりしないのも理由の一つ。日本では毎年献血していましたが、北米在住してしまったのでもうできないな。。

今日は第1回目の血液検査の日。専用のベットに寝かされ、3時間半で4回の採血。長時間に及ぶので、本や新聞を持参したんですが、看護婦さんが話題の引き出しの多い、話上手な人で思ったよりも時間は早くすぎました。おしゃべり採用??笑。

なんと彼女、アイアンマンで、来週にトライアスロンのフルレースに参加するんだそう。見た目、日焼けして健康そうだけれど、そんな感じでは全くなくてびっくり!始めたきっかけがまた興味深く、10年前のある日、突然ボーイフレンドから「おでぶちゃん、さようなら」と別れのメールが。当時100㌔を超える体重だったらしい・・。その日、当時の勤務先の病院でトライアスロンのレースで故障したという女性に出会い、何を思ったか一念発起。全く運動したことがなかったにも関わらず、水泳・自転車・マラソンをはじめ、7週間以内にショートのトライアスロンのレースに参加。そこで今のご主人をpick up(彼女、曰く・・^^)したの、人生変わったわって。

すごいの一言です。彼女曰く、トライアスロンは2本足と2本の手、健康な体があれば誰でも出来るって。身体能力以上に精神力が必要とされると。

もう一つ、興味深い話。
彼女が、「お昼頃、友達のベビが産まれるところなの!」って言うので、「分娩室にいるの?」って聞くとそうではないらしい。友達は健康上の理由で子供が持てない体だそうで、なんと代理母が出産中なんだそう!ニュースでは聞くけれど、実在すると思うとびっくり。医学の進歩って素晴らしい。

普段、接点の無い人とお話するのは楽しい。次回の検査時も彼女が担当だといいな~。

 







2009⁄07⁄17 17:54 カテゴリー:matanity life comment(4)
▲pagetop








Prenatal Massage


市職員のストライキも2週目に入ります。市民生活に最も関わってくるのは、やはりゴミ問題。街のゴミ箱はあふれ、道端にはポイ捨てのゴミでキタナイ。コンドに住んでいる限り、ポイっと何時でも捨てられるので日々の生活には変わりはありませんが、一軒家の人は大変だろうな・・。

さて、7月1日に妊娠も早や8ヶ月に入ります。最近、日に日にお腹が大きくなってきて、日に日に体重が増加・・涙。体重計に乗るたびに増えているから、ちょっと体重計恐怖症。。骨盤も広がってるのか腰も痛し。

そんな訳で、Prenatal Massageに行って見ました!お世話になったのはNorth YorkにあるCaring touch massage therapy。以前、近所のネイルサロンに行った時に、生後10日(!)のベビちゃんを連れたママがお隣の席で、妊娠生活話に花が咲き腰が痛いの~といったら教えてくれたのがコチラでした。

早速電話して、予約をしていそいそとお出かけ。感じの良いセラピストさんに施術の説明をしてもらい、早速オイルマッサージ。嗚呼、至福の時。。もったいないから寝まいとしたけど、半分ぐらいとろ~りとしてしまいました。

悪阻はほぼなかったし大したトラブルもなく今まできたけれど、肌荒れとか妊娠性湿疹とか眠気とか疲れやすいとか腰痛とかマイナートラブルはありますね・・。でも後3ヶ月!妊婦生活思う存分楽しまなきゃ~。







2009⁄06⁄29 20:29 カテゴリー:matanity life comment(12)
▲pagetop








遊んでくれるかな?


先日、お孫さんのいらっしゃる方に教えていただき、こんなものをこさえてみました。IMG_0935_1.jpg

ぶちゃいくですが、ベビー用おもちゃ。のつもり。

ベビーは洋服のタグやら紐やらが大好きだから、それを集めておもちゃにするといいわよって。どうも”本物志向”だそうで、布切れで作ったぴらぴらでは満足しないんだそう。

洋服のタグをせっせと切り集め(・・・あ、パンツのタグ入ってます 笑)どこかの銀行で貰ったタオルに縫っただけ。
これなら幾らでも舐め回してよし!遊んでくれるかな?

 







2009⁄06⁄20 07:39 カテゴリー:matanity life comment(10)
▲pagetop








買っちゃった!ストローラー


最近、baby goodsをぼちぼちと揃え始めています。何より大問題だったのがストローラー。おそらく一番高価であり、毎日使うもの。
トロントに暮らす先輩ママさんたちにリサーチをすること数ヶ月。みんなが口をそろえて言うこと。
* 車輪が大きいこと。トロントは道が悪いので小さい車輪は壊れる。日本から持参した小型ストローラーがストリートカー(路面電車)の線路で壊れたって話も。そして、冬の雪道は、小さい車輪だとまったく使用できなくなる。

個人的に外せないポイント
*たたむのが簡単であること。重さやコンパクトさは車生活なので考慮にいれないとしても、さっとたためて車に積めないと不便。

以上の2点を満たすものをリサーチするとどうしても大型ストローラーに限られてしまいます。トロントでコンビやマクラーレンがあまりいないのも、おそらく上記の理由からかと。

buagaboo.jpg一番目に候補にあがるのは、やぱりBugaboo。 サスペンションもついているし、悪路でも安心。バシネットもつくので新生児よりOK。ただし、お高い。1000ドルコース。icooMocha.jpg

お次はi coo Targo。こちらもバシネット込み、折りたたみもワンタッチ。お値段600ドル前後でした。

そして我家の大本命はQuinny Buzz。バシネットは付かないけれど、maxi cosiのカーシートがワンタッチで装着でき、新生児から使用可。折りたたみは油圧式とやらで超簡単!通常500ドル前後のところ、なんとなんとSearsにて399buzz.jpgドルでセール中なのを夫が発見!早速週末に買いに走ってきました。

悩めば悩むほど、どれも一長一短で決められず、ようやく問題が解決したようでほっと一息。



 

 







2009⁄06⁄07 18:42 カテゴリー:matanity life comment(6)
▲pagetop








もうすぐ7ヶ月


本日、5月の最終日。なのに、最高気温が13℃!!! 何度もいうけど、最高気温です。ピーカンな晴天に誘われて、薄着で出掛けてヒドイ目にあいました。

あと数日で妊娠生活も7ヶ月に突入します。本当にはやい。ラッキーなことに悪阻らしいものがほとんどなく(味覚が多少変わったりはしましたが)2ヶ月後半からジーンズは全く入らず、体重も順調、いやそれ以上に増え続けてます。今の時点で5キロ強増・・涙。それでもカナディアンから見ると、私のお腹はとても小さいらしく、小さい小さいといわれまくってます。日本だったら、ドクターに体重増加注意が入ってるかな。

カナダの妊婦健診のことを少し。
Mt. Sinai Hospital産婦人科の初診を受けたのは10週(3ヶ月半ば)。通常ファミリードクターを通して専門医のアポをとるので、人気のMt. Sinaiは4ヶ月以降、人によっては6ヶ月に入ってお腹が大きくなってから初診だったなんて話も。初診時、ちゃきちゃき系女性ドクター、なんでこんなに早く来たの?やることないわよ。って。アポを入れた秘書の方も怒られてました 苦笑。
月1の定期健診はだいたい3分、特に問題ないわね~といってbabyの心音を聞いて血圧計る・・だけ。
エコーはトータルで通常2回のみ。1回目は12週時にCRL(crown rump length)を計り、ダウン症の可能性があるbook.jpgかどうかを判断。2回目は18週時に、四肢から内臓(同室していた夫曰く主に心臓)の詳細を見ました。
・・ええ、ということは産まれるまで特に問題なければエコーはもうありません。ちょっとさみしい。
お腹周りや子宮の大きさを測ったことなど一度も無く、一体全体どのくらい大きくなっているのかさっぱり分からず。。

そんな訳で私のガイドはこの本"I'm Pregnant!"。何より気に入ったのがCanadian Editionだということ。これでカナダの妊娠生活の予習もばっちり。そして医学書のような超リアルな写真。難しい言葉満載なので、辞書と格闘しつつ読み進めてます。

良く言えばおおらか、悪く言えばおおざっぱな健診ですが、私の性格に合ってるらしく楽ちんでイイ。何よりOHIP(国民健康保険)でフルカバーで出産無料なのも嬉しい限り。







2009⁄05⁄31 18:04 カテゴリー:matanity life comment(8)
▲pagetop








カナダの常識?妊娠生活


先日カミングアウトしたように、ただ今妊娠中(6ヶ月半ば)です。

2月の旅行1週間前におやっと思い、平日の真昼間に1人でのこのこと、ご近所のwalk-in-clinicに。その場で尿検査&血液検査。
尿検査はすぐに結果が分かり、ドクター「陽性ですね。・・で、キープするんですか?どうしますか?」
真っ先にCongratulation!と言われるのを予想していたので???なワタクシ。もちろんです、と言って始めて、Congratulationと。”1人”で妊娠の確認をしにくる人は十中八九、中絶希望なのかしら・・?定期検診もパートナーもしくは母親と来る人が大多数。私はだいたい1人で行くので、待合ベンチにいる妊婦の母親と思われる女性に可哀想な人だわ・・という哀れみの視線、もしくは好奇心丸出しの視線で見られることもしばしば。

初診でドクターに言われたこと。「三つの避けるべきこと、no smoking, no alcohol, no drug (→麻薬の意味ですね・・)」 禁煙、禁酒は分かるけれど、禁薬(?)とはトロントらしい・・。違法のはずのマリファナはトロントではとてもカジュアルに使用されているらしく、すれ違いざまに例の甘~いニオイをぷんぷんさせている人も。庭に植えられているのを見たことも・・。

ドクター、「サーモンは週一回、sushiは禁止ね。」
・・・サーモンって。魚=サーモンの発想がいかにもカナディア~ン。魚は妊婦にとって、どうやらとっても悪役のようです。水銀を含有していること、生魚はバクテリアが付着している可能性があることがその理由らしい。バクテリアという理由でブリーチーズ、モッツァレラなどの生系チーズも禁止。

反対に運動・旅行は全く止められない。
ドクター、「運度は今までしていたことなら何でもしてよし、ただし頑張り過ぎないこと。」安定期に入る前から以前どおり、毎日のようにジムに通い、トレッドミルやヨガのクラスを取っています。旅行に関してもno problemといわれたので、妊娠超初期にLAにて砂漠ハイク、豚インフル真っ只中にセントマーチンに行って来ました。これもダメ、あれもダメといわれるとストレスになるので、これは嬉しい限り。もちろん、人によるとは思いますが。

ところ変われば・・ってやつですね。

 







2009⁄05⁄25 17:00 カテゴリー:matanity life comment(6)
▲pagetop










| HOME |

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2017 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。