torontonより日々徒然・・・
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








LA日帰り旅行@Antelope Valley California Poppy Reserve


日曜日、姉の家から北東に約2時間のところにあるPoppy Reserveに。

砂漠の中のハイウェイを延々とドライブ、ほとんど景色が変わらず。。目的地のExitを降りても、ガソリンスタンドが一つあるのみのさみし~い町並み。さらにローカルの道をドライブすると、進行方向にオレンジの丘が!遠目からも砂漠の中に、突如と広がるポピーの花畑が一目瞭然で心躍ります♪100509_251.jpg

道すがらも花畑が見えますが、せっかくここまできたんだからとパーキング代をはらってPoppy Reserveのトレイルを散策。・・その前に腹ごしらえ。周りに食べるところは何もないとの姉情報により、サンドイッチを買ってきておいて良かった。でないと美味しそうにランチボックスを囲むグループを恨めしそうに見なければいけないところでした。

100509_261.jpg 





















今年は当たり年だそうで、一面のオレンジ色に圧倒。天気もよく、トレイル日和也。
花畑の中に入りたい気持ちもありますが、そこはぐっと我慢。保護地区なので入って荒らしてはいけません。一度踏み荒らされると、何年も花が咲かなくなるそう。

そしてまたやってしまった日焼け。陽射しをさえぎるものは何もありません、帽子を持参すべきでした~。
100509_310.jpg
100509_300.jpg 



チビタはここでもポピーむしゃに挑戦?いえいえ、ポピーってケシの花だからやめましょう・・。
100509_269.jpg


スポンサーサイト



2010⁄05⁄15 23:10 カテゴリー:travel comment(4)
▲pagetop








LA日帰り旅行@Santa barbara


週末、義兄の運転でLAから北にハイウェイでおよそ2時間のSanta barbaraに。スペインによるアメリカ大陸殖民時代から続く、ス100509_160.jpgペイン風の建物が並ぶ可愛らしい街。

ビーチ沿いを散歩。桟橋を歩くと、なにやら海にぷかぷかとぬるっとした黒いものが浮かんでいるなと目を凝らすと、なんとアザラシがお出迎え。ぴょこぴょこと顔が水面からでてきて、かわいいこと! 

 








このあたりではポピュラーというペリカンも。飛行中のペリカンって、なんか空飛ぶ恐竜みたいで、ちょっと恐ろしげ。(写真あまりにわかりにくいですね。。) 100509_173.jpg
夫に、空飛ぶ恐竜って名前なんだっけと聞いたら、即答“プテラノドン”と。おお、手旗信号のやり方も知っていたし、さすが雑学王!と思ったら、以前プテラノドンに似ているといわれた事があって調べたそう。。ってどんな顔だ。
 










建物は白壁とオレンジの瓦屋根で統一、青い海と空に映えます。
このあたりで一番高い建物、裁判所に登ってみると、海まで一望の眺め。

100509_192.jpg 

100509_180.jpg
100509_211.jpg
ヨーロッパを彷彿させながら、LAならではの椰子の木の並木やサボテンの鉢植えがあったりと、散策するのに楽しい町並みでした。












 




 





2010⁄05⁄14 18:03 カテゴリー:travel comment(0)
▲pagetop








LAといえば、ビーチビーチビーチ!


LAといえばビーチ。にせものの海(←と姉がいう。。)オンタリオ湖ではなく、白い波と青い空のコントラストが眩しいビーチへ毎日のように繰り出しました。さすがに入るには寒いので、ビーチ沿いをお散歩。
Torranceから程近いRedondo Beachはのんびりした雰囲気のファミリー向け。100509_327.jpg
てくてくビーチ沿いを1時間ほど散歩すると、足の甲がサンダル焼け・・。顔や腕は日焼け止めをぬって万全のつもりでも、いつも忘れる足の甲。またやってしまった。チビタにも忘れず日焼け止めを塗ったつもりが、手の甲が日焼け。。LAの陽射し、恐るべしです。今年も黒肌決定です。って、北米生活以来、白かった例がないけれど・・。

少し離れた街、Palos VerdesはLA屈指の高級住宅街。何故かここだけ緑が豊かで花が咲き乱れてます。“何故かなー?”と姉に聞いたら、一言“お金があるから”だそうな 苦笑。
100509_103.jpg 













最近オープンしたというホテル内を散策。ホテルの中にトレイルがある巨大リゾートホテル。テラスにてパチリ。
100509_122.jpg 
Palos Verdesの大好きな場所、ガラスの教会ことWayfers Chapelにも。海に面した小高い丘に立つこの教会、何度訪れても素敵です。
100509_137.jpg
今回お初に連れて行ってもらったManhattan Beachは小洒落たお店の立ち並ぶエリア。
NBA LA Lakersの選手が多く住むというのも納得です。
100509_395.jpg
Lakersといえば、滞在中に義兄が偶然会社帰りに立ち寄ったBest BuyでLakersの選手に遭遇!付回していたら(?)一緒に写真をとってくれたそう!さすがに2メートル以上の長身で、義兄が子供に見えました^^。なにより義兄のうれしそうな顔といったら!こんなウレシイサプライズがあるのもLAならでは。(少し前には元MLBの選手と一緒にゴルフを回ったそう。)

チビタは・・といえば、草むしゃむしゃならぬ、砂むしゃむしゃ寸前でセーフ!一時も目が離せなくなってきました。

100509_484.jpg 



 
 








2010⁄05⁄13 14:11 カテゴリー:travel comment(7)
▲pagetop








LAといえば、日本食!


トロントから往路5時間半、復路4時間半のフライトで行かれるLAは日本よりはるかに近い日本。
昨年、LAダウンタウンより北に約30分の街(日本人はほとんどいない)から日本人駐在員&日系人の多く住むTorranceに越した姉夫婦。ミツワもマルカイもすぐ近くにあって、日本食レストランも数多くあってほんとうに便利。手に入らないものはない!といっても過言ではないほど。
日本のものに飢えているトロント住人からすると、うらやましい限りだけれど、姉いわく“便利だけど、多文化でなくてつまらない・・”とな。トロントは“不便だけれど、マルチカルチャーでおもしろい”ので、お互いないものねだりです。。

さて、今回の旅でも食べました食べました、リアル日本食。到着したその日に、ミツワの三頭火でラーメン。本物の(←ここポイント!)ラーメンに舌鼓。100509_097.jpg
お蕎麦屋さんにも通いました。思い出しただけでも美味しいお蕎麦と熱々のてんぷらに涎が・・笑。
LAで人生お初のモツなべうどんも頂きました。苦手意識のあったモツがとろとろでこんなに美味とは!100509_372.jpg

チビタがいるので夜の外食は1回のみ、どこがいい?と聞かれ即答したのが焼き鳥屋さん。5年以上ぶり。砂肝に手羽にレバーに・・・・とあっという間にお腹一杯。ビールも美味しかったこと!

100509_451.jpg 
今回の旅は、私とチビタの2人でフライト。チケットを予約する際、チビタ用の席を取るかどうか悩み、えいやっと1人分の席しか予約しませんでした。往復とも、割と混んでいたにも関わらず、ラッキーな事に3席使用可!2席をつかってチビタは大の字ですやすや、私は大好きな映画を鑑賞。快適なフライトでした。








2010⁄05⁄12 21:33 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop








セントマーチン 最終日


お祈りが通じてか最終日はピーカン!St_320.jpg 夕方の便なので朝一でビーチに。おっと、Tバックのおじさんがっ笑。St_322.jpg

St_353.jpg

ランチはミセス・リピーターらしくまたもMarigotのEnoch's Placeにて。 
過去セントマーチンに2回いった姉情報によると、並び三軒おなじようなレストランがあるけれど、St_371.jpgやはりココが一番美味しいとのこと!!St_373.jpg 相変わらず私はレッドスナッパー(今回はフライで!)夫は、鳥胸肉を、食べ収め。何度食べてもやっぱりオイシイ~。

3年前と比べて、セントマーチンなんか景気が良い。がたがただった道も心なしかスムーズだし、交通量が明らかに増えたし、なんといっても飛行場が見違えるように。
以前は長距離用バス停?みたいだった建物が立派で空港らしく。

 写真は今回と前回です。

 

 

 St_378.jpg 
IMG_0191.jpg             

 

実は妊娠6ヶ月での旅でしたが、特に問題もなくリラックス。
アルコール禁止とか、魚は週一回とか、日焼けは厳禁だし・・日常生活戻ったら頑張ります・・。
St_361.jpgSt_382.jpg
セントマーチン、またいつか!!

 

 

 

 



 







2009⁄05⁄15 15:56 カテゴリー:travel comment(8)
▲pagetop








セントマーチン 5日目


St_288.jpg 本日も残念ながらお天気さえず・・。ビーチに行くも寒いので早々に退散して、Marigotの町をぶらぶら。フランス側のこの町には、エルメス・カルティエなどのフランスハイエンドブランドのお店があります。・・が、素通り。
葉巻やアルコールのお店を覗き(安い!)、セールをしていたプティ・バトゥーでしこたま買い込む。。

下の写真:Marigotの港の様子。ここからアンギラのフェリーが出ます。St_292.jpg

 
ランチをスキップしてしまったので、超早めのディナーをフレンチ&イタリアンレストランLa Belle Epoqueにて。早すぎて店内貸切状態。St_311.jpg

すっかりお気に入りのfish soupとアンチョビのピザ、夫はシーザーサラダとロブスターのパスタを。St_313.jpg スープが軽く2人前以上あって、これだけでお腹いっぱい。シーザーサラダも3人前くらい・・オーダーした時多いって教えてくれればいいのに。。ピザはクリスピーで私好み、でも1,2切れしか食べられず。パスタはソースは美味しいけれど、ちょっとゆるめで残念。

最終日の明日こそは晴れますようにとお祈りして、早々に就寝。

 

 







2009⁄05⁄14 16:22 カテゴリー:travel comment(6)
▲pagetop








セントマーチン 4日目


記憶の薄れないうちにサクサクと旅行記更新中です。St_262.jpg

4日目は朝から、お天気さえず・・。空がど~んよりとした雲に覆われて超強風。めげずにビーチに繰り出すもちょっと寒い。 雨季だから仕方なし。ビーチタオルをバスタオルのように体に掛けて、読書に励む。ランチはビーチサイドでとって、読書の1日。

ディナーはまたもGrand Caseに出掛け、BBQ!St_274.jpg 全部で4軒あるBBQスタンドのうち、前回の旅行の含めると3軒制覇!St_273.jpg 私はレッドスナッパーのグリル、夫は相変わらずリブを。グリルしてガーリックソースがかかっている超シンプル調理だけど美味しい。リブもお店によって若干スパイスがSt_270.jpg違っているので、食べ比べるのも面白いかも。トータル25㌦の安くてウマイ経済的ディナー 笑。

天候がよかったら行こうと思っていたイギリス領アンギラ(Anguilla)島。Marigotの港からフェリーで30分弱。もちろん、違う国なのでパスポートが必要になります。
結局今回はいかれなかったので、前回の旅行の写真だけUPします。セントマーチンのOrient Beachもとってもきれいだけれど、アンギラのUpper Shoal Beachは想像を遥かに超える美しさ!ハリウッドセレブがバケーションに訪れるというのも納得也。
IMG_7605.jpg  IMG_7597.jpg 
 







2009⁄05⁄13 15:41 カテゴリー:travel comment(6)
▲pagetop








セントマーチン 3日目


午前は相変わらずビーチへ。日焼け止めしっかりぬって、パラソルの下にいたつもりでも2日ですっかりこんがSt_191.jpg  り・・。St_186.jpg

1日目の日記にも書いたように、セントマーチンの国際空港プリンセスジュリアナ空港は、Maho Bayビーチぎりぎりの低空飛行することで有名。1時半~4時ぐらいが到着のタイミングで、遅めランチを取りつつ、飛行機見物に。ビーチサイドのカフェで、ナイスポジションが取れ悠々と!サーフボードに時刻表が書いてあります。St_197.jpg St_207.jpg St_227.jpg St_233.jpg
やっぱりジャンボの迫力がすごい!エンジン音と爆風と!フェンス越しには爆風を楽しむ若者がいました。 吹き飛ばされそうになりながら、しっかりフェンスを握って・・笑。

ディナーにはおそらくGrand Caseで最もハイエンドと思われるLe Pressoir (30 Grand Case Blvd Tel 05-90-877662)に。ある記念日なのでちょっと奮発!皆さん、カリブのレストランらしからぬお洒落していたのでワンピースにパンプスでよかった~。St_249.jpg

夫はオニオングラタンスープに本日の魚スペシャル(2品)。こんな濃厚なオニオングラタンスープは人生初かも!とろ~り!St_251.jpgロブスターとホタテのグリルと、4種の魚のソテー。どれどれも超絶品。 St_252.jpg

私はロブスタービスクとロブスターのラビオリ、ロブスターグリルにデザートのセットのその名もロブスタースペシャルを。St_250.jpg  St_253.jpg

小振りの身の締まったロブスターぷりっぷり。ホットチョコレートケーキもトロントの甘いだけのケーキとは全然違う。少しワインも頂き、お魚づくしで大満足です。

St_256.jpg 

St_257.jpg 







2009⁄05⁄12 15:54 カテゴリー:travel comment(4)
▲pagetop








セントマーチン 2日目


2日目も雨季に関わらずお天気よろし! プールサイドで朝食を頂き、午前中はビーチへ。St_075.jpg

St_090.jpg 白い砂浜に青い空と海サイコー!持ってきた本とお水とビーチタオルをお供にうつらうつら・・笑。

Orient Beachの端っこには所謂ヌーディストビーチがあるので、要注意。朝一だと、ぷらりぷらりさせたおじいちゃんがお散歩してます。女性の約50%トップレスだし男性のTバック水着が多いのもこの島の特徴か・・・笑。
もちろん私はしっかりとSPF60の日焼け止めを塗り塗りし、帽子とサングラスで完全防備したはずが、半日でこんがり・・苦笑。恐るべしカリブの陽射し。

St_098.jpgランチには車で20分のMarigotに移動。またも前回行ったレストラン、Enoch's Place(Marigotのフェリー乗り場向かい)にて。夫からはミセス・リピーターと呼ばれてます 笑。

St_114.jpg 



観光客だけでなく、地元の人で大盛況のこのレストラン、約10€でクレオールスタイルの魚or肉のプレートがいただけます。ちなみに、US$とユーロが使えますが、レートは店によって様々。$1=€1のところもあれば、$1.3=€1のところも。
St_119.jpg クレオール料理のお豆ご飯が美味しい!お魚とお肉もガーリックソースで美味です。かなりのボリュームですが、完食也。

食後はドライブ、ドライブ。フランス領とオランダ領の国境はこんな看板St_139.jpgのみ。

オランダ領はちょっと雰囲気が違って、マクドナルドや大型ホテルがあったりと多少アメリカンナイズされてます。Philipsburgには大型クルーズ船が泊まってました。


 St_128.jpg
Philipsburgのメインストリートにはお土産屋さんがずらりと。Tシャツなどのチープなものからハイブランドの貴金属まで。ちなみにセントマーチンはTax Free。St_131.jpg

St_149.jpgSt_167.jpg
 
 

 

 

 


ディナーはGrand CaseにてBBQ!こんなBBQのお店が4軒あり、安くてウマイ!St_175.jpg St_169.jpg

 

リブとクレオールスタイルシュリンプとライス、サラダ、&ビールで16㌦!!

日焼けでほてった体にビールが染みる~。

 

 







2009⁄05⁄11 11:02 カテゴリー:travel comment(8)
▲pagetop








セントマーチン 1日目


2006年のバケーションで訪れて、すっかりその魅力の虜になったカリブ海の小島、セントマーチンに3年ぶりにsmmap02.gif行って来ました。 北側がフレンチ領、南側がオランダ領で一周車で約1時間強の小さい島。その魅力はなんといっても綺麗なビーチとフレンチスタイルのクレオール料理!! カリブは海は綺麗だけれど、お料理がね・・という概念を覆す美味しさ。海と食がメインの旅になります。食いしん坊の私にぴったり 笑。

この時期オフシーズンの為、直行便はなく、1ストップ、乗換え込で6時間強のフライト。昼過ぎには到着。St_010.jpg

セントマーチンの国際空港プリンセスジュリアナ空港は、飛行機がビーチ(Maho Beach)ぎりぎりの低空飛行することで有名。

そして今回お世話になったホテルはフレンチ側、Orient BeachにあるEsmeralda Resort。(ちなみに3年前は同じエリアのAlamanda Resort こじんまりしたホテルで居心地良し)Esmeralda Resortは全室ビラでプライベートプールに惹かれて。St_360.jpg 
Orient Beachもすぐでこの景色!!

St_034.jpg 

St_054.jpg ビーチをぶらぶら散歩して、ディナーに。St_055.jpg
Orient Beachから車で10分のGrand Caseがグルメストリートとして有名。前回行ってファンになったLe Te Provencal (48 Grand Case Blvd)に迷うことなくGo!05,06,07年のTaste of St MartinのChef of the year受賞レストランです。

本日のお魚を見せてもらった後、迷いに迷ってアペタイザーにfish soup,夫はGoat Cheeseのサラダを。St_065.jpg  St_064.jpg

スープはもちろん、サイドのRouille Sauceが超美味!夫のサラダも絶品でグリルしたお野菜の美味しいことといったら!
メインは私はGrilled Trunk fish(フグの一種?)、夫はGrilled Queen Trigger fish(何の一種?)を。St_069.jpg St_068.jpg

Trunk fishはちょっと鶏肉みたいでお野菜のソースで。Queen Trigger fishはぷりぷりで歯ごたえあって、ちょっとスパイシーなソースで。新鮮なお魚をグリルして、シェフの技光るソースで頂くので、言うまでも無く超美味!お魚天国!ビバ・セントマーチン!

内陸のトロントで魚に飢えに飢えていたので、より美味しく!魚食べまくるぞ~。







2009⁄05⁄10 18:00 カテゴリー:travel comment(2)
▲pagetop










| HOME | next »

プロフィール

kumako

Author:kumako
夫の赴任により2年のNY LongIsland生活をへてtorontoに。
2009・Sep06長男チビタを出産しました。


天気と気温


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


ブロとも申請フォーム


リンク


▲pagetop



Copyright © 2017 Canada Toronto ゆるゆる生活記. All Rights Reserved.
template&material by nekonomimige
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。